2018年2月24日 (土)

LCIその2

先週の土曜日のことですが、エンブレムをとりにディーラーへ行ったついでに、新車の見物をしました。ショールームには、EDITION SHADOWの118dが置いてありました。
EDITION SHADOWだけに、ヘッドライトの隈取りがすごいのかなと思ったのですが、そんなに違わない。あれ?何でだろう。
最新型の1シリーズは内装が大きく変わっています。こちらの方が興味津々。
インパネは確かにスリークになりました。ウチのM135iの世代までは、わざと凹凸を付けている感じがしますが、そういうのが無くなりました。ただ、メーターナセルの端にステッチも成型されます。ぱっと見の高級感は増したけど、すぐに偽物と分かるので微妙な感じです。iDriveのコントローラスイッチもスリーク。ディスプレイはサイズが大きくなっています。
メーターはフルLCD。ただし、2眼メーターを模するリング(半月状)は存在。こだわりというか、AudiのVirtual CockpitやMBのフルLCDを意識しているけど、全く同じにはしたくなかった模様。なんとなくだけど、次のFF 1シリーズではVirtual Cookpit風のUIになると思いますが、それまでの間、Audi A3と比較され「いまだに針のメーター使ってるの?格好悪い!」と言われないための言い訳のように感じました。要はフルLCDにしたけど、地図など表示できずメーターだけなので、メーター専用です!と言い訳をしている感じ。
脱線しますが、LCDインパネは世の中の趨勢ですね。日本精機とかトレンドに乗っていけているかな?それより問題なのは計器メーカに部品を卸しているところで、ステッピングモーターメーカーは需要がどんどん減りますね。そしてLCDメーカの引き合いが増える。そういえば、最近のバイクも見た目は丸いメーターでもLCDになっている物もあります。メーターが大幅に薄くなり、メリットも感じますが。
Edition_shadow
センターコンソールを見ると、EDITION SHADOWのラベルが野暮ったい。なんとなく、古いイギリスの雰囲気。ただ、自分で買ったなら、あばたもえくぼで気に入ると思います。
また、ドリンクホルダーにフタが付いています。改めて実物をみると、フタを閉めた姿はかっこいい。これはこれでいいかも。ただそうなるとペントレイがイヤですね。むしろ無くしてしまった方が良かったのかも。
いずれにしても、些細なことで差別化であり、知っている人で無いと気にならないレベルに矮小化してしまいますね。やはりFMCのタイミングなのかな。

2018年2月17日 (土)

みんカラ役立つ

みんカラを見ていると役立つことが多いと思いました。

みんカラのBMW 1シリーズを見ていて、新Mapが出ていることを知り、更新しました。

Navi_20181

Road Map JAPAN EVO 2018-1。作業は1年前に実施したことと同じ。今回は、クルマへのデータ書き込みは、イグニッションONの状態で、エンジンを回さずにガレージで行いました。安心のため、充電器を繋ぎつつ。40分後には終わっていました。今年、車検です。そのタイミングで無料アップデート権は無くなってしまいます。更新できて良かった。

また、みんカラを何気なく見ていて、M135iにフォグランプを取り付けている記事を見つけました。hikomaeさんのブログ。なるほど、こういうやり方があるのかと感心しました。

新しい5シリーズの540i Mスポーツが、M135/140と同じような意匠のグリルで額縁部分に薄型のフォグランプを付けています。「これ付かないかな?」と思い、見積もったのですが、片側3.6万円。高い。それにとうぜんボルトオンで付く物ではないし、フォグランプはあきらめていました。

でも、hikomaeさんは汎用品を使ってきれいに付けています。2輪用の汎用ランプを使うのはいいアイディア。また、割にラフな取付方法でも大丈夫そうなことも分かりました。これ、参考にさせていただきます。付けるなら、ドライビングランプでは無く、照射角の広いフォグランプにしたいな。

2018年1月14日 (日)

切通し散歩

最近、切通しの散歩をよくしています。子どもと散歩するネタとしてちょうどいい。冬場は蒸し暑くなく蚊など不快な虫もいないのでおすすめです。

下の写真は、長窪の切通し

Nagakubo_2
住宅地の中に突如として現れる中世です。近くに、高野公園とか台亀井公園という子どもと遊ぶのにちょうどいい公園もあります。

こちらは、有名な朝夷名(あさいな)の切通し。朝比奈(あさひな)だと思っていたのですが、正確には朝夷名なのですね。
Asaina_2

それなりに険しく、鎌倉側は、道と小川が混在しているので、山歩きに適した靴が欲しいです。
横浜側は、神奈中バスの「朝比奈」、鎌倉側は、京急バスの「十二所」が最寄り。切通しを通った後、鎌倉でランチを取れば、幸せな週末かも。

究極のエンジンを求めて

兼坂 弘の「究極のエンジンを求めて」が復刻されていることを知り購入しました。

Kyuukyokuno_2
復刻する前のオリジナルも持っていたのですが、大学の友人に貸したまま行方不明。もう20年前だし、あきらめていたところなので、ラッキー。「続」、「新」と合わせて久しぶりに三冊がそろいました。

改めて読むと面白い。学生の頃だとよく分かっていなかったことが、今だとよく分かります。
ねじの塑性域締結だとか、品質の考え方だとか、会社の内情だとか(笑)。まだ1/3程度しか読めていませんがあっという間に読破できそう。そういえば、25年(1/4世紀)経って、ミラーサイクルはすっかり当たり前の技術になりました。兼坂さんすごいな。


じつは、パソコンが壊れました。電源が入らなくなったのです。一瞬立ち上がり(MBの電源が入り、CPUファンが回る)が、そこで止まってしまう。電源っぽい。15年前に買った電源だししょうが無いかと思い、新しい電源を購入しました。写真は取り外した電源。

Ps
ただ、新品に交換しても症状は変わらず。焦りました。果たして、故障したのは電源スイッチ。閉じた状態でスティックしていたのです。要は、電源スイッチを長押ししている状態になっていたんですね。だから、一定時間でオフになってしまう。リセットスイッチを電源にコンバートして一時復旧。そういえば、スイッチ含めて筐体も15年物だ。スイッチ・LED一式を注文しました。

2018年1月 6日 (土)

寒さに負けた

三浦半島一周ツーリングに出かけましたが、挫折しました。

1月5日は時間に余裕があり、ツーリングに出かけました。三浦半島一周。以前食べなかった、まるよし食堂の海かけ丼を食べてみようと思い立ち。

でも、寒さのため挫折しました。ダウンジャケットなど、体の防寒には気を遣ったのですが、指先がだめでした。バイク用の防寒手袋では無く、普通の合皮手袋。詰めが甘かった。
格好悪くても、ハンドルカバーが欲しい。

横須賀までは行ったのですが、そこから引き返しました。

2018年1月 2日 (火)

元日

明けましておめでとうございます。本年も、このHPをよろしくお願いします。

Fuji2018
元旦は快晴。富士山がきれいに見えました。今年も良い一年でありますように。

初詣にも行かず、横須賀まで映画を見に行きました。「スターウォーズ 最後のジェダイ」。わざわざ横須賀まで行ったのは、ちょうどいい午後の時間に、3D・吹き替えというマニアックな設定で上映しているのは、近くでは横須賀しかなかったから。子どもと行ったので吹き替えです。元日は、ファーストデイで安いのでおすすめです。

JRに乗り横須賀へ。

Izumo1
さすが横須賀。いきなり護衛艦「いずも」が目の前に。でかい。まるで空母。そしてもうすぐ空母になるかもとニュースになった話題の船。ちなみに、造船したのは、ジャパンマリンユナイテッドの横浜事業所

ネタバレはしません。映画は面白かったですよ。パラレルにストーリが進み飽きさせない。そして、次の作品も見たくなる(笑)。

映画を見終わり、すっかり暗くなった港を引き返すと、幻想的な雰囲気。

Izumo2
Yokosuka
スパイ映画に出てきそう。

2017年12月26日 (火)

ピットに落ちた

ピット作業をしようとクルマを動かしたら、ピットにクルマが落ちてしまいました(涙)

Derailing1
イスを買ったときに貯まった楽天ポイントを使って、cpmのロワー・レインフォースメントプレートを買いました。早速取り付けるぞ♪と、ピット作業の準備。そこでやってしまいました。クルマがピットに落っこちてしまったのです。

まず、自分の名誉のために言っておくと、運転をミスって穴に落ちたわけではありません

これがまずかったのですが、はじめに、ピットをフタしているグレーチングを数枚外しました。クルマは普段スペース確保のため、端に寄せて駐車しています。そのため片側のタイヤはグレーチングに乗っています。作業のため、ピットの真上にクルマが位置するよう動かそうとしたのですが、このとき、後輪がグレーチングを蹴っ飛ばし、クルマが落っこちてしまったのです。

よくよく考えてみたら、FRだとこういうモードがあり得るんですね。後輪にはATのクリープによる動力が加わっていて、前輪にはブレーキがかかっている。そうすると後輪には前進しようとする力がかかった状態になっている、と。しかもN55の高トルク。ああ、アホなことをしてしまった。
ただ、後悔していても仕方ありません。クルマを救出しなくては。

Derailing2
最悪JAFかとも思いましたが、自力で復旧できました。
ガーデニング用に買っていたインターロッキング・ブロックの余りと、枕木を使ってピットの中に台を作りました。その上に油圧ジャッキを乗せてタイヤを押し上げ、クルマを復旧しました。
幸い、クルマにキズはほとんどありませんでした。サイドスカートが若干ゆがんだだけで、リフトサポートが支えてくれました。ありがとうリフトサポート。

気を取り直して、本来の目的であったロワー・レインフォースメントプレートの取付です。こちらは、問題なくすぐに取り付けられました。
Stiffener2

2017年12月22日 (金)

イス買った

頑張って働いてきたので、自分へのご褒美で書斎のイスを買いました。

Contessaii_2

買ったのは、コンテッサII(セコンダ)。日野のクルマではありません(お約束)。オカムラのオフィスチェアです。

アーロンチェアも考え、試座し比べましたが、仕事イスというより安楽を求めるので、後傾姿勢を取りやすいコンテッサを選びました。このイスはいろいろオプションを設定できます。選んだのは、ポリッシュのフレームにホワイトのボディ、大型固定ヘッドレストにランバーサポートを付けて、メッシュの座も白という仕様。型式を調べ直したら、CC85BZでした。リラックス系ですね。アウディっぽい雰囲気も感じます。また書斎の床はフローリングのため、ウレタン・キャスターに変更しました。納期は4週間で、実際には11月にオーダーしました。

座っていると、まあいいですね。楽ちんです。ずっと座っていられる。ただ、ランバーサポートの突き出し量を調整できないのが残念。私の場合、出過ぎていて違和感がある。もう少し歳を取ってきたら、ちょうどいい刺激になるのかもしれませんが。

2017年11月27日 (月)

時間帯

飛び石連休の25日と26日に同じコースをドライブしました。

Fuji
25日の土曜日、下の子のインフルエンザの予防接種を受けた後、時間に余裕があったので、プチドライブをしました。子供を乗せているのでクルマです。大船から湘南モノレール沿いに走り、江の島に入って終端のロータリーを回って、R134を海沿いに鎌倉方向へ走り、鶴岡八幡宮の前を通って帰るコース。20kmくらいの観光地コース。スタートしたのは10時頃でしょうか。鎌倉高校前だとか、八幡宮を抜けるところだとかで渋滞して、1時間強。快晴で気持ちいい日だったけど、あんまり気持ちのいいドライブではありませんでした。

次の日の日曜日、上の子が朝早く(といっても7:00だが)に少年野球の集合があるので、バイクで付き添いました。で、昨日のもやもやがあったので、同じコースを走りました。果たして、30分弱で一週できました。理解はしていたけど、時間帯によって全然違いますね。午後は恐ろしくて走る気にもならない。早起きは三文どころでは無く得ですね。なお上の写真は、江の島へ渡る橋から撮った富士山です。

2017年11月26日 (日)

リコール

リコールの案内はがきが届きました。

Airbag
運転席用エアバッグはタカタ製だったんですね。でも、直ちに危険では無い、18年3月頃だと部品が潤沢にそろう、実際の手続きは別途案内するとのこと。割にゆったりした物です。まあ、通常の環境からかなり離れた(3σとか?)環境だと問題が発生するのだから、それでいいのかも。

2017年11月23日 (木)

最近気になる物

クルマやバイクをいじることも一段落していますが、なんとなく気になっている物があります。

それは、cpm (中央製作所)が販売しているロアーレインフォースメントプレート。でも、これって意味あるのかな。カー用品だと、そこそこ高くて、効果は無いが害も無いので大丈夫、というものも売られており、そういう物にお金を出したくありません。これはどうなんでしょう。

P_img_533e1517c46b9

(cpmのHPより引用)

モーターファン・イラストレーテッドのVol.130 P40を見ると、プロペラシャフトが通る凸部は、横曲げとねじり剛性確保のため、開かない様にすることが重要と書いてある。頭の中で変形をイメージさせるとそんな気もするし、そもそも重要が故にメーカーもここに補強板を入れているのでしょう。

それで、補強板にとって重要なのは剛性(ばね常数)が高いこと。乗り味に関する部分なので、破壊に関わる引張強度は関係ありません。剛性は、ヤング率と板厚の積に比例する。ただ、ジュラルミンって要はアルミだから鋼よりヤング率低いよね。板厚でカバーするんだろうけど、実際どうなのということで、調べてみると、普通のジュラルミン(A2017)は69 GPaと純アルミと同じ、対して鋼は205 GPaとざっくり3倍あります。ということは、ジュラルミンで純正以上の剛性を得るためには、厚みが3倍以上必要。純正の板厚が1.5mm (ノギスで測定)だったから、4.5mm以上か。見た感じ、それよりはありそうだから、きっと剛性は上がるのでしょう。

ただ、この部位ってどんな力が働くんでしょうね。左右に広がる引っ張りと前後に動く剪断かな。最近はやりのトポロジー最適化を行うと、もっとかっこいい形になるのではないかと期待します。その辺はもう一押し欲しい感じ。で、今売っている物を買うのか買わないのか。まあ、買ってしまうかも。

cpmのHPを見ているとフロントエンドブレースなる補強用の棒もラインナップに加わっていました。
P_img_5a03f895c4b56

(cpmのHPより引用)

以前、M2のエンジンルームの写真を見て、ラジエーターにつながっている補強の棒を見て、うらやましいと思い、M2の純正品が付かないかと調べたことがありました。結論は、取り付けるねじ穴が無くダメだったのですが、これと同じ機能を果たしてくれる物。なかなかいいです。

そもそも、なんでこんな形の補強をしているんでしょうね。M2はプレス板ですが、M3/M4はカーボン製のかっこいいブーメランが入っています。目的は、ストラット間の剛性確保な訳で、だったらストラットタワーバーでいいじゃんと思ってしまいます。

なぜ、ブーメランか。おそらくは歩行者の衝突安全性確保のため、エンジンとボンネットの間に構造材を入れられないため、こういう形になるんでしょうね。どこの自動車メーカーだって、NCAPの☆は沢山欲しいですから。でも、エンドユーザーからしたら、そういうことを勘案しつつも、費用対効果で従来型のタワーバーを選択してもいいのかなと思いました。


さて、近所の買い物にしか使わない、半盆栽バイクのエイプも何かしらいじりたいという欲求があります。目的はパワーアップ。必要かどうかは別として。

排気量を上げるか、レブリミットをあげる。前者にはボアアップキットが様々出ています。後者には動弁系を軽くする、軽量リテーナーキットをヨシムラが出しています。125 ccにすれば、単純計算で、25%パワーアップ。レブリミットが11,000 rpmから13,000 rpmに上がれば(高回転でもきちんとトルクが出てくれるなら)、18%パワーアップ。合わせ技で47%パワーアップです。いずれにしても、エンジンを下ろさなくてはいけないから、だったらついでにポート研磨もしたい。ポート研磨するには、強力なリューターが欲しい。エアリューターか。だったらエアコンプレッサーもいるなあ、などとちょっと物欲が増してきています。

2017年11月12日 (日)

ボディの補強

リフトサポートの交換がてら、ボディの裏面を観察しました。

Stiffner

cpmというメーカが出している、ロアーレインフォースメントというアルミ板でできた補強板があります。これのとりつく場所を観察しました。純正は、1.5mm厚の鉄板をプレスしたもの。一方cpmはジュラルミン(アルミ合金)製で厚いです。メーカの言い分通り、剛性が上がるのでしょう。交換は簡単そうでした。
なお、取付ボルトはM8x18、工具はトルクスのT50が必要です。ジュラルミンとはいえ、ただのアルミ板にフライスかけたものの割には高いなあとは思いつつ、自分では加工できないわけで、そう考えたら、適切な値付けなのかも。

2017年11月 5日 (日)

こすった

ついに、クルマをこすってしまいました。

Liftsupport

といっても、こすったのは左前側のジャッキアップポイント。部品名で言うとリフトサポートです。コインパーキングで、他のクルマとすれ違うときに、ロック板を動かすユニットに気づかず、乗り上げてしまったのです。ゴリゴリと嫌な音がして、最悪の事態を覚悟しましたが、これだけで済んで良かった。1シリーズの下回りで一番出っ張っているのは、これなんですね。下面がフラットなクルマで良かった。

雨降りで視界が悪かったと言うこともありますが、アラウンドビューモニターが欲しいなあ。

さて、RealOEMで部品番号を調べたら、51717169981。ネットショップでは2,500円くらいで売っています。でも、たいていのショップでは、送料がかかるので、ディーラーに注文しようかと思います。

2017年10月 7日 (土)

偽グリルその2

今回のブログは、ホンダファンの人にとっては不愉快かもしれません。ご了承ください。

 最近、シビックのType Rが発売になりました。直接のライバルはメガーヌ R.S.でしょうが、同じクラスだから興味があり見ていました。で、びっくりしたのはヘッドライト下のグリルが全くのフタ、偽物だったのです。後ろにも同じような意匠のグリルがありますが、こちらも偽物です。

 ま、いっぱいアミアミがあった方が迫力は出るけど、Type Rでしょ。リアルなハイパフォーマンスカーであるべきなのに、ニセモノがくっついているなんて。。。折しも、カーグラTVで20年前のインサイトの番組を放送していました。インサイトのデザインはプレーン、偽グリルなんて付いていません。穴は全て仕事をしているし、スパッツをはじめCD値を下げるための努力がクルマの各所にあるように思います。最近は技術が進歩して、偽グリルがあってもCD値に問題は無いのかもしれませんが、Type Rにニセモノ部品が付いているなんてがっかり。M135iなら、私のようにGTと考える人も多いだろうから、ちょっとくらいニセモノがあってもいいんでしょうが、性能第一、スピード命みたいな熱狂的なファンがType Rを見たら、どうなんでしょうね。最近のホンダはF1でも振るわないし、新しいNSXも話題性が無くなったら、ジリ貧の様に感じられます。なんだか、身の丈以上に突っ張っているというか、熱意よりコマーシャリズムが勝っているような感じがしてなりません。NBOXで儲けるんだろうけど、ホンダは大丈夫かなあ。

2017年9月24日 (日)

タイヤ

何気なく、エイプのタイヤを見たら、9年前のタイヤでした。

Tire_of_ape
 08年の24週に製造。9年以上経っています。やばい。でも、タイヤをよく見てみると、結構きれい。ヒビは見えないし、カチカチでもないし、側面にはヒゲがまだ残っている。ま、2000kmも走ってないですからね。
 一般的には3年とか、5年でタイヤは寿命というのをよく見受けますが、実際どうなんだろう。タイヤの保管という観点で調べたら、トーヨータイヤグッドイヤーに分かりやすい記述がありました。ともかく、避けるべきは、紫外線、水、油、高温とのこと。それから、あまり高圧にしない。そういう意味では、ウチのエイプは優良です。ずっと真っ暗で、温度変化の少ない地下車庫に保管しっぱなし。雨にも降られない。アスファルトじゃ無いから油にも接しない。というわけで、一般的な保管環境よりタイヤが長持ちする環境なのだろうと考え、直ちにはタイヤを交換しないことにします。

Punc

 そう思っていた矢先、MTBがパンクしてしまいました。チューブにパッチを当てて修理しましたが、場所的にどうやらスネークバイト(リム打ち)っぽい。1カ所だけでしたが。自転車のタイヤは、ちゃんと空気圧を高くしておかないとだめですね。



2017年9月12日 (火)

牧場のアイスクリーム

エイプに乗ってプチツーリング。三浦半島を牧場へ。

Sekiguchi
 三浦半島を少し下り、よこすか関口牧場へ行きました。往復50kmくらいの道のり。牧場のアイスクリームと言うだけでおいしそう。ソフトクリーム(300円)を食べましたが、ほどよい甘さでおいしかった。量が多くて、最後は苦労しましたが。カップだけ50円で売っている意味が分かりました。カップルにお勧めですね。

 この時期は牛乳の乳脂肪分が少ないそうなので(牛乳パックの情報)、もう少し寒くなったらまた行こうと思います。

 ウチの近くには、飯田牧場という牧場が藤沢にあります。こちらでもアイスクリームを売っています。飯田牧場にも、この夏に行ったので、それぞれのインプレッションを書きます。

  • 種類は飯田牧場の方が多い。ソフトクリームに、アイスクリーム(各種味付けあり)と牛乳。関口牧場は、ソフトクリームと牛乳のみ。
  • クルマはどちらも止められるが、飯田牧場はガードマンが案内してくれる。関口牧場は狭くてテクニックが必要。ただし、関口牧場は、周辺の土地が開けているのでなんとかなりそう。
  • 飯田牧場は、品物が無くなったら閉店。小さな牧場だからか。実はそれで一度行ったけど食べられなかったことがあるのです。
  • 関口牧場は、ゴミ箱を見つけられませんでした。食べ終わりのゴミは持って帰る必要があるかも。
  • どちらがおいしいか。どちらへ行っても満足できると思います。

 

2017年8月30日 (水)

数字の遊び

 M135iは、フロントヘビーで、BMWの売り文句である50:50の重量配分ではありません。まあ、重たい直6エンジンを積んでいるんだから、直3の118iとは違うはず。M135iの重量配分は52:48だそうです。エンジン重量が100%フロントに乗っかっていて、車重が1.5tとすると、単純計算で30kgを後ろに持って行けば、50:50になります。

 じゃあ、N55B30Aというエンジンの重量はどれくらいなんだ? それは重たいのか?ということで調べました。主にこちらのサイトの情報を引用すると、次のようになります。

  • N55B30A   132kg
  • B38B15A       ?
  • RB26DETT   260kg (日産 R32 GT-R 2.6L)
  • KF               47kg (ダイハツ 3気筒 660cc)
 B38エンジンの重量を見つけられなかったのは残念ですが、ともかくN55は132kg。これは、日産のRB26の半分です。本当かな?RB26は30年近く前のエンジンではありますが、その半分です。差分で言うと128kg。大人二人。鋳鉄ブロックとアルミブロックの違いだとは思いますが、スカイラインGT-Rがフロントヘビーだと言われる所以が、分かったように思いました。それと、軽四はエンジンも軽いんですね。大人一人分の重量も無い。



 最近、1シリーズの2回目のLCIが実施されました。カタログをダウンロードしたので、どう変化したのか勉強します。ただ、価格を見てびっくりしました。M140iは618万円。たしか私が買ったとき、M135iは566万円だったので50万も高くなっている。いくらBSIが標準となり、ブレーキエアダクトが付いているとはいえ、高杉。BSIは10万円くらいだし、ブレーキエアダクトはサービスパーツで取り寄せても1万円。残りの40万を出せば、原価ベースではエンジンをもう一つ買えるのでは無いかな?
 まあ、タイミング良く買ったと思うことにしよう。これから買う人は、ちゃんと交渉すれば、大幅値引きを狙えるはずです(笑)。

2017年8月29日 (火)

やっとフタ

この日曜日、やっと内張りを取り付けました。

Trunk_4
 パワーアンプを取り付けるため、今年の5月に剥がしたトランク左側の内張り、作業が全て終わったので、やっと取り付けました。アンプもきれいに収まりました。欲を出してキャパシタも取り付けました。大容量バッテリが近くにあるので、意味が無いような気もしますが。。。。

Trunk_5
 閉じてしまえば、全く純正と変わらない。閉空間だから放熱は気になるけど、アンプに温度センサが付いているだろうからまあいいか。追々、ホームページの方を更新します。



2017年8月26日 (土)

気になったもの

街で見かけて、気になったもの。

Estima_2

 白いエスティマが3台停まっていました。現行型2台と、旧型1台。白黒のコントラストと、シルバーのホイールが印象的。ホイールは同系の意匠だけど、全て形が違うのが面白い。

Tricity_police
 ヤマハ トリシティの警察バイク。大船駅前の交番で見ました。昔は、カブとかCD125だったと思います。白バイでは無いこういうバイクはなんと呼ぶんだろう? で、スクーターにシフトしつつあるなあと思っていたら、更にはトリシティ。コケにくくてよさそう。トリシティって高そうだけど、売れてないのかな? ヤマハは安値で応札したのかも。

2017年8月13日 (日)

ブレーキエアダクト取付終了

やっと取り付けました。ブレーキエアダクト。

Brakeairduct2

 詳細は、これからホームページの方に追加します。事前の予想通り、ダクトの取付よりも、バンパーの取り外しが大変でした。

 これで、フロントグリルのフタからおさらばです。


«工具の更新

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

ウェブページ

無料ブログはココログ