2017年11月27日 (月)

時間帯

飛び石連休の25日と26日に同じコースをドライブしました。

Fuji
25日の土曜日、下の子のインフルエンザの予防接種を受けた後、時間に余裕があったので、プチドライブをしました。子供を乗せているのでクルマです。大船から湘南モノレール沿いに走り、江の島に入って終端のロータリーを回って、R134を海沿いに鎌倉方向へ走り、鶴岡八幡宮の前を通って帰るコース。20kmくらいの観光地コース。スタートしたのは10時頃でしょうか。鎌倉高校前だとか、八幡宮を抜けるところだとかで渋滞して、1時間強。快晴で気持ちいい日だったけど、あんまり気持ちのいいドライブではありませんでした。

次の日の日曜日、上の子が朝早く(といっても7:00だが)に少年野球の集合があるので、バイクで付き添いました。で、昨日のもやもやがあったので、同じコースを走りました。果たして、30分弱で一週できました。理解はしていたけど、時間帯によって全然違いますね。午後は恐ろしくて走る気にもならない。早起きは三文どころでは無く得ですね。なお上の写真は、江の島へ渡る橋から撮った富士山です。

2017年11月26日 (日)

リコール

リコールの案内はがきが届きました。

Airbag
運転席用エアバッグはタカタ製だったんですね。でも、直ちに危険では無い、19年3月頃だと部品が潤沢にそろう、実際の手続きは別途案内するとのこと。割にゆったりした物です。まあ、通常の環境からかなり離れた(3σとか?)環境だと問題が発生するのだから、それでいいのかも。

2017年11月23日 (木)

最近気になる物

クルマやバイクをいじることも一段落していますが、なんとなく気になっている物があります。

それは、cpm (中央製作所)が販売しているロアーレインフォースメントプレート。でも、これって意味あるのかな。カー用品だと、そこそこ高くて、効果は無いが害も無いので大丈夫、というものも売られており、そういう物にお金を出したくありません。これはどうなんでしょう。

P_img_533e1517c46b9

(cpmのHPより引用)

モーターファン・イラストレーテッドのVol.130 P40を見ると、プロペラシャフトが通る凸部は、横曲げとねじり剛性確保のため、開かない様にすることが重要と書いてある。頭の中で変形をイメージさせるとそんな気もするし、そもそも重要が故にメーカーもここに補強板を入れているのでしょう。

それで、補強板にとって重要なのは剛性(ばね常数)が高いこと。乗り味に関する部分なので、破壊に関わる引張強度は関係ありません。剛性は、ヤング率と板厚の積に比例する。ただ、ジュラルミンって要はアルミだから鋼よりヤング率低いよね。板厚でカバーするんだろうけど、実際どうなのということで、調べてみると、普通のジュラルミン(A2017)は69 GPaと純アルミと同じ、対して鋼は205 GPaとざっくり3倍あります。ということは、ジュラルミンで純正以上の剛性を得るためには、厚みが3倍以上必要。純正の板厚が1.5mm (ノギスで測定)だったから、4.5mm以上か。見た感じ、それよりはありそうだから、きっと剛性は上がるのでしょう。

ただ、この部位ってどんな力が働くんでしょうね。左右に広がる引っ張りと前後に動く剪断かな。最近はやりのトポロジー最適化を行うと、もっとかっこいい形になるのではないかと期待します。その辺はもう一押し欲しい感じ。で、今売っている物を買うのか買わないのか。まあ、買ってしまうかも。

cpmのHPを見ているとフロントエンドブレースなる補強用の棒もラインナップに加わっていました。
P_img_5a03f895c4b56

(cpmのHPより引用)

以前、M2のエンジンルームの写真を見て、ラジエーターにつながっている補強の棒を見て、うらやましいと思い、M2の純正品が付かないかと調べたことがありました。結論は、取り付けるねじ穴が無くダメだったのですが、これと同じ機能を果たしてくれる物。なかなかいいです。

そもそも、なんでこんな形の補強をしているんでしょうね。M2はプレス板ですが、M3/M4はカーボン製のかっこいいブーメランが入っています。目的は、ストラット間の剛性確保な訳で、だったらストラットタワーバーでいいじゃんと思ってしまいます。

なぜ、ブーメランか。おそらくは歩行者の衝突安全性確保のため、エンジンとボンネットの間に構造材を入れられないため、こういう形になるんでしょうね。どこの自動車メーカーだって、NCAPの☆は沢山欲しいですから。でも、エンドユーザーからしたら、そういうことを勘案しつつも、費用対効果で従来型のタワーバーを選択してもいいのかなと思いました。


さて、近所の買い物にしか使わない、半盆栽バイクのエイプも何かしらいじりたいという欲求があります。目的はパワーアップ。必要かどうかは別として。

排気量を上げるか、レブリミットをあげる。前者にはボアアップキットが様々出ています。後者には動弁系を軽くする、軽量リテーナーキットをヨシムラが出しています。125 ccにすれば、単純計算で、25%パワーアップ。レブリミットが11,000 rpmから13,000 rpmに上がれば(高回転でもきちんとトルクが出てくれるなら)、18%パワーアップ。合わせ技で47%パワーアップです。いずれにしても、エンジンを下ろさなくてはいけないから、だったらついでにポート研磨もしたい。ポート研磨するには、強力なリューターが欲しい。エアリューターか。だったらエアコンプレッサーもいるなあ、などとちょっと物欲が増してきています。

2017年11月12日 (日)

ボディの補強

リフトサポートの交換がてら、ボディの裏面を観察しました。

Stiffner

cpmというメーカが出している、ロアーレインフォースメントというアルミ板でできた補強板があります。これのとりつく場所を観察しました。純正は、1.5mm厚の鉄板をプレスしたもの。一方cpmはジュラルミン(アルミ合金)製で厚いです。メーカの言い分通り、剛性が上がるのでしょう。交換は簡単そうでした。
なお、取付ボルトはM8x18、工具はトルクスのT50が必要です。ジュラルミンとはいえ、ただのアルミ板にフライスかけたものの割には高いなあとは思いつつ、自分では加工できないわけで、そう考えたら、適切な値付けなのかも。

2017年11月 5日 (日)

こすった

ついに、クルマをこすってしまいました。

Liftsupport

といっても、こすったのは左前側のジャッキアップポイント。部品名で言うとリフトサポートです。コインパーキングで、他のクルマとすれ違うときに、ロック板を動かすユニットに気づかず、乗り上げてしまったのです。ゴリゴリと嫌な音がして、最悪の事態を覚悟しましたが、これだけで済んで良かった。1シリーズの下回りで一番出っ張っているのは、これなんですね。下面がフラットなクルマで良かった。

雨降りで視界が悪かったと言うこともありますが、アラウンドビューモニターが欲しいなあ。

さて、RealOEMで部品番号を調べたら、51717169981。ネットショップでは2,500円くらいで売っています。でも、たいていのショップでは、送料がかかるので、ディーラーに注文しようかと思います。

2017年10月 7日 (土)

偽グリルその2

今回のブログは、ホンダファンの人にとっては不愉快かもしれません。ご了承ください。

 最近、シビックのType Rが発売になりました。直接のライバルはメガーヌ R.S.でしょうが、同じクラスだから興味があり見ていました。で、びっくりしたのはヘッドライト下のグリルが全くのフタ、偽物だったのです。後ろにも同じような意匠のグリルがありますが、こちらも偽物です。

 ま、いっぱいアミアミがあった方が迫力は出るけど、Type Rでしょ。リアルなハイパフォーマンスカーであるべきなのに、ニセモノがくっついているなんて。。。折しも、カーグラTVで20年前のインサイトの番組を放送していました。インサイトのデザインはプレーン、偽グリルなんて付いていません。穴は全て仕事をしているし、スパッツをはじめCD値を下げるための努力がクルマの各所にあるように思います。最近は技術が進歩して、偽グリルがあってもCD値に問題は無いのかもしれませんが、Type Rにニセモノ部品が付いているなんてがっかり。M135iなら、私のようにGTと考える人も多いだろうから、ちょっとくらいニセモノがあってもいいんでしょうが、性能第一、スピード命みたいな熱狂的なファンがType Rを見たら、どうなんでしょうね。最近のホンダはF1でも振るわないし、新しいNSXも話題性が無くなったら、ジリ貧の様に感じられます。なんだか、身の丈以上に突っ張っているというか、熱意よりコマーシャリズムが勝っているような感じがしてなりません。NBOXで儲けるんだろうけど、ホンダは大丈夫かなあ。

2017年9月24日 (日)

タイヤ

何気なく、エイプのタイヤを見たら、9年前のタイヤでした。

Tire_of_ape
 08年の24週に製造。9年以上経っています。やばい。でも、タイヤをよく見てみると、結構きれい。ヒビは見えないし、カチカチでもないし、側面にはヒゲがまだ残っている。ま、2000kmも走ってないですからね。
 一般的には3年とか、5年でタイヤは寿命というのをよく見受けますが、実際どうなんだろう。タイヤの保管という観点で調べたら、トーヨータイヤグッドイヤーに分かりやすい記述がありました。ともかく、避けるべきは、紫外線、水、油、高温とのこと。それから、あまり高圧にしない。そういう意味では、ウチのエイプは優良です。ずっと真っ暗で、温度変化の少ない地下車庫に保管しっぱなし。雨にも降られない。アスファルトじゃ無いから油にも接しない。というわけで、一般的な保管環境よりタイヤが長持ちする環境なのだろうと考え、直ちにはタイヤを交換しないことにします。

Punc

 そう思っていた矢先、MTBがパンクしてしまいました。チューブにパッチを当てて修理しましたが、場所的にどうやらスネークバイト(リム打ち)っぽい。1カ所だけでしたが。自転車のタイヤは、ちゃんと空気圧を高くしておかないとだめですね。



2017年9月12日 (火)

牧場のアイスクリーム

エイプに乗ってプチツーリング。三浦半島を牧場へ。

Sekiguchi
 三浦半島を少し下り、よこすか関口牧場へ行きました。往復50kmくらいの道のり。牧場のアイスクリームと言うだけでおいしそう。ソフトクリーム(300円)を食べましたが、ほどよい甘さでおいしかった。量が多くて、最後は苦労しましたが。カップだけ50円で売っている意味が分かりました。カップルにお勧めですね。

 この時期は牛乳の乳脂肪分が少ないそうなので(牛乳パックの情報)、もう少し寒くなったらまた行こうと思います。

 ウチの近くには、飯田牧場という牧場が藤沢にあります。こちらでもアイスクリームを売っています。飯田牧場にも、この夏に行ったので、それぞれのインプレッションを書きます。

  • 種類は飯田牧場の方が多い。ソフトクリームに、アイスクリーム(各種味付けあり)と牛乳。関口牧場は、ソフトクリームと牛乳のみ。
  • クルマはどちらも止められるが、飯田牧場はガードマンが案内してくれる。関口牧場は狭くてテクニックが必要。ただし、関口牧場は、周辺の土地が開けているのでなんとかなりそう。
  • 飯田牧場は、品物が無くなったら閉店。小さな牧場だからか。実はそれで一度行ったけど食べられなかったことがあるのです。
  • 関口牧場は、ゴミ箱を見つけられませんでした。食べ終わりのゴミは持って帰る必要があるかも。
  • どちらがおいしいか。どちらへ行っても満足できると思います。

 

2017年8月30日 (水)

数字の遊び

 M135iは、フロントヘビーで、BMWの売り文句である50:50の重量配分ではありません。まあ、重たい直6エンジンを積んでいるんだから、直3の118iとは違うはず。M135iの重量配分は52:48だそうです。エンジン重量が100%フロントに乗っかっていて、車重が1.5tとすると、単純計算で30kgを後ろに持って行けば、50:50になります。

 じゃあ、N55B30Aというエンジンの重量はどれくらいなんだ? それは重たいのか?ということで調べました。主にこちらのサイトの情報を引用すると、次のようになります。

  • N55B30A   132kg
  • B38B15A       ?
  • RB26DETT   260kg (日産 R32 GT-R 2.6L)
  • KF               47kg (ダイハツ 3気筒 660cc)
 B38エンジンの重量を見つけられなかったのは残念ですが、ともかくN55は132kg。これは、日産のRB26の半分です。本当かな?RB26は30年近く前のエンジンではありますが、その半分です。差分で言うと128kg。大人二人。鋳鉄ブロックとアルミブロックの違いだとは思いますが、スカイラインGT-Rがフロントヘビーだと言われる所以が、分かったように思いました。それと、軽四はエンジンも軽いんですね。大人一人分の重量も無い。



 最近、1シリーズの2回目のLCIが実施されました。カタログをダウンロードしたので、どう変化したのか勉強します。ただ、価格を見てびっくりしました。M140iは618万円。たしか私が買ったとき、M135iは566万円だったので50万も高くなっている。いくらBSIが標準となり、ブレーキエアダクトが付いているとはいえ、高杉。BSIは10万円くらいだし、ブレーキエアダクトはサービスパーツで取り寄せても1万円。残りの40万を出せば、原価ベースではエンジンをもう一つ買えるのでは無いかな?
 まあ、タイミング良く買ったと思うことにしよう。これから買う人は、ちゃんと交渉すれば、大幅値引きを狙えるはずです(笑)。

2017年8月29日 (火)

やっとフタ

この日曜日、やっと内張りを取り付けました。

Trunk_4
 パワーアンプを取り付けるため、今年の5月に剥がしたトランク左側の内張り、作業が全て終わったので、やっと取り付けました。アンプもきれいに収まりました。欲を出してキャパシタも取り付けました。大容量バッテリが近くにあるので、意味が無いような気もしますが。。。。

Trunk_5
 閉じてしまえば、全く純正と変わらない。閉空間だから放熱は気になるけど、アンプに温度センサが付いているだろうからまあいいか。追々、ホームページの方を更新します。



2017年8月26日 (土)

気になったもの

街で見かけて、気になったもの。

Estima_2

 白いエスティマが3台停まっていました。現行型2台と、旧型1台。白黒のコントラストと、シルバーのホイールが印象的。ホイールは同系の意匠だけど、全て形が違うのが面白い。

Tricity_police
 ヤマハ トリシティの警察バイク。大船駅前の交番で見ました。昔は、カブとかCD125だったと思います。白バイでは無いこういうバイクはなんと呼ぶんだろう? で、スクーターにシフトしつつあるなあと思っていたら、更にはトリシティ。コケにくくてよさそう。トリシティって高そうだけど、売れてないのかな? ヤマハは安値で応札したのかも。

2017年8月13日 (日)

ブレーキエアダクト取付終了

やっと取り付けました。ブレーキエアダクト。

Brakeairduct2

 詳細は、これからホームページの方に追加します。事前の予想通り、ダクトの取付よりも、バンパーの取り外しが大変でした。

 これで、フロントグリルのフタからおさらばです。


2017年8月12日 (土)

工具の更新

プラスドライバ #2と、六角レンチ 3mmを新しいものに変えました。

Wera
 スクリュードライバーは、KTC製の21世紀バージョンセットを使っています。しかし、使用頻度の一番高い#2サイズのカムアウトが激しくなり、このままではどんどんねじを痛めてしまうので、新しいドライバーを買いました。またKTCにしようかと思いましたが、Weraのダイヤモンドコーティングドライバーにしました。家ではダイヤモンドコーティングビットを使っているのですが、食いつきがよく使い勝手が良かったので。KTCの21世紀バージョンよりは、値段が倍しますが、回しやすいし、カムアウトしづらいので、Weraです。工具箱の中での統一感は崩れましたが、見た目より使い勝手。

Wera2
 定番評価ですが、磁石の付かないSUSねじをビット先端に付けてみました。しっかり保持してくれています。使い古したKTCではポロリ。このパフォーマンスを長く保ってほしいものです。

 六角レンチ。Snap-Onのセットを使用しています。とはいえ、この青いやつはどこかのOEM製で高いシリーズでは無いらしいです。こちらも使用頻度の高い3mmのボール側がバカになり、回せなくなってしまいました。というわけで、3mmだけ買いました。BONDHUSの黒染めのもの。安いし丈夫。ボールポイントならBONDHUS。セットで買うなら、PBのカラフルなやつも惹かれますが、この力強い感じも好きです。

Bondhus

 







2017年8月 9日 (水)

北海道旅行

家族で、北海道旅行に出かけました。

 先に買ったリモワのバッグもこれのためです。7/31(月)~8/6(日)の6泊7日。子供が小さく、楽をしたかったので、滞在型リゾート利用です。星野リゾートトマムに3泊、札幌のシャトレーゼガトーキングダムに2泊、最終日は千歳のビジネスホテルに1泊です。ビジネスホテルが追加になったのは、土曜日に札幌ドームで野球を見て、翌日帰ることにしたから。

 移動には、レンタカーを利用しました。日産ノート。シリーズ・ハイブリッドでは無い普通のやつです。それでも、旅行期間中の燃費は、400km走って17km/Lとなかなか良かった。意外なことに、アイドリングストップは付いていませんでした。M135iより室内は広い。特に後席。ただし、めちゃくちゃ遅い。アクセルをべた踏みしてもノイジーなうなり声が大きくなるだけで、全然進みません。ちなみにCVTです。パドルが無いのは不便。エンブレを効かせたいときは、ATセレクター横のボタンを押してSportモードにするしかありません。特に違和感があったのはブレーキ。超カックンブレーキでした。M135iのつもりでブレーキを踏むと急停車。微妙なコントロールなんてあったものじゃない。最近のファミリーカーってみんなこんな感じなのか?交差点など、ブレーキを踏むのが苦痛でした。最後にはなんとか慣れましたが。

 これから泊まる人のために、簡単に宿の印象を。
 まず星野リゾートトマム。広い。各拠点間の移動はバスです。中国資本だけあって、働いている人も、宿泊者も中国人(アジア系の人)が多い。とはいえ、思ったほど騒がしくも、マナーが悪いこともありませんでした。予約が必要なアクティビティを選択すれば、ほぼほぼ日本人でした。川遊びとキャニオニングを楽しみました。ラフティングは、四国の大歩危・小歩危をはじめ、数回行っているのですが、キャニオニングは初めて。水が冷たい、流されるのは気持ちいい、ラフティングに比べると歩みは遅いという感じです。善し悪しありますが、進みの大きいラフティングの方が好みかも。
 トマムと言えば、雲海。一日だけ、見ることができました。3:30起きは辛いですが、その日一日有効に使えます。朝食ブッフェは、どこもだいたい同じようなものですが、ニニヌプリがおすすめです。ゆったりしているので。

Unkai
 シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ。プール、温泉が併設されたホテルです。トマムほどの特別感はありませんが、プールにすぐ行けるのは便利。遊園地の無いナガシマスパーランドみたいな感じ。ブッフェのケーキはすごいのかなと期待しましたが、思ったほどではありませんでした。モエレ沼公園が近くなので、ここへ行くには便利です。

 食事は、トマムや、ガトーキングダムの中でだいたい済ませました。まあグルメ満喫という感じでは無いです。ただ、初日の昼に行った、恵庭市の釜めし・いちえは良かったです。サービス、味など総合的に。地元の人が多かったな。

 さて、8/5に札幌ドームでプロ野球を見ました。日ハム対オリックス。上の子供が少年野球を始めたこともありますが、札幌ドームと大谷翔平を見たかったから。

Sapporodome
 横浜スタジアムと比べると、きれいだし広いですね~。こんな大きな球場がサッカーモードに変化するなんてすごいです。それにキッズエリアがあるのも良かった。これがあるおかげで、家族で野球を見ることができます。DHだけですが、生大谷翔平を見られたのも良かった。試合は、4対6でオリックスに負けてしまいました。途中逆転したのに持ちこたえられなかった。翌日も負けてホーム2連敗。大丈夫かなあ、日本ハム。

 そんなこんなで帰り際、やってしまいました。サングラスを無くしてしまったのです。OZNISのFLAT01。TALEXの偏向プラスチックレンズを使った、超軽量サングラス。2万5千円の高級品が~。M135iに合わせて購入したドライビング・サングラス。千歳に向かうクルマの中で気づき、途方に暮れました。ダメ元で札幌ドームの代表電話に問い合わせました。
 その番号が、落とし物担当窓口でもありました。拾得物の集計がまとまるのは翌日午後で、それまでは分からないとのこと。その時間はもう羽田に着いているよ。。。もう少し話を聞くと、特徴が合致するものであれば、着払いで送ってくれるとのこと。ただし違っていれば、送料負担で返送する必要があります。ともかく、サングラスの特徴や落とした可能性のある場所を伝えました。

 翌日、羽田に着いたと同時に、電話がありました!札幌ドームから。それらしいサングラスの拾得物があるので送るとのこと!で、帰ってきました。私のFLAT01。
Sunglass
 きれいな状態で、傷などありませんでした。ありがとうございます。拾ってくださった北海道の方。ありがとうございます。(株)札幌ドームさん。

2017年7月29日 (土)

豊島園

7/25(火)に、子供と豊島園に出かけました。

Auto_skooter1
 共働きの我が家では、夏休みと言っても、子供は学童保育に行くことになり、夏休みっぽくありません。何かイベントを用意したいと思い、今週火曜日に休みをとって、豊島園に出かけました。豊島園を選んだ積極的な理由はあまりありません。ディズニーランドは混んでるし気合いがいる。富士急はちょっと遠い。八景島シーパラダイスはピンとこない。花屋敷は大人でないと面白くなさそう。というわけで豊島園です。

 良かったです。夏休みとはいえ平日。どのアトラクションも並ばず乗れました。とくにオートスクーターは最高に面白かった。トロリー式のゴーカートで、複数人で混走します。コースの中をどこでも走れます。身長130cmあれば子供でも自由に運転できます。
Auto_skooter2
 本当は、ドリフトを楽しむアトラクションかとは思いましたが、完全なグリップ走行でした。しかし自由に走れる気楽さは、すばらしい。昭和な雰囲気もグッド。子供も気に入り、それこそ、10回以上乗ったように思います。
 飽きたら、プールでウォータースライダー。古い遊園地ですが、ここはいいです。ただ、食事はおいしくなかったな。。。

12ヶ月点検

ディーラーへ12ヶ月点検に出しました。

Rmje20172
 2年目にして走行距離は7,000km。特に問題は無く、基本工賃の20,736円のみ。オイル交換や、ポーレンフィルタなども実施せず、純粋な工賃です。まあ安心料としてお願いしている感じです。
 ただ、ナビマップは更新されました。2017-1から2017-2へ。1ヶ月しか違わなくて、なにが変わったんだろう。BMW Group下の数字は、04.10.0110から、05.10.2020と大きく変化しています。もうちょっと使ってみたら、違いが分かるのかも。
 話は変わりますが、今週末のカーグラTVは、Golf RとM140iの特集です。忘れずに見よう。



2017年7月28日 (金)

チェコ共和国

チェコ共和国ってどんな国?

Remowa_2

 この夏、家族で北海道へ旅行に出かけます。キャスター付きの適当な鞄を持っていなかったので、これを機に購入しました。リモワのキャリーケース。私としては、ゼロハリバートンのアルミケースにあこがれており、欲しかったのですが、比較するとそれなりに重くて容量が少ないのですね。丈夫であることは推察させるけど。妻に却下をくらい、リモワのポリカバッグにしました。私だけが使うわけでは無いので、自我を押し通すのは難しい。それで、エアーライトボレロビジネスセット(1748807)を購入しました。本当は、エアーライトプレミアム(1727425)を注文したのですが、輸入業者の手違いで、ラップトップバッグ付きの前者となってしまいました。まあ、こちらはラップトップバッグが追加になりますし、値段はそのままで良いとのことでしたので、受け取ることにしました。

 届いた鞄を見てみると、質感は高い。キャリーケースの上にもう一つ鞄があると仕事ができそうに見えます。ポリカもコンプライアンスが大きく、それなりに丈夫そうです。

 さてここまで引っ張りましたが、題目について。この鞄、チェコ共和国製でした。
 ドイツメーカーとはいえ、メードイン・チャイナかなあと思っていたら盲点でした。そういえば、M135iのパワーアンプのブラケットもチェコ製。うちにあるWeraのコンビネーションドライバセットもチェコ製。機械加工品だと、チェコ共和国っていいのかもしれません。拳銃のCz75って有名ですしね。

 思わぬところで、思わぬ国に想いが至りました。

2017年7月17日 (月)

パワーアンプ取付終了

パワーアンプの動作確認まで終了しました。

Inst_power_amp
 線をすべてつなぎ、音が出ることまで確認しました。写真、左側の端子台はインプット(ASDから)で、右側の端子台はアウトプット(スピーカへ)です。本当は左側だけで納めたかったのですが、微妙に車側のケーブルが足らず、左右に端子台を分けました。

 調整が不十分な中での第一印象。エンジンサウンドが良くなった!(笑) N55エンジンが美しくも勇ましい音を奏でるようになりました。ASDの下流にパワーアンプを仕込んで良かった(笑)。ゲイン調整が不十分なため、相対的にASDが作るエンジン音が大きくなったというのもあるでしょうが、ASD内のワンチップへなちょこアンプから、ちゃんとしたアンプにした効果なのでしょう。これから、ゲインやバランス、トーンなどを調整していきます。

エイプ バッテリー交換。

エイプのバッテリーを交換しました。

 Amazonで互換バッテリー(CT4L-BS)を購入し、取り付けました。

Batt_excg

 ちなみに、死んだのも同じCT4L-BSでした。1,600円だし、まあいいか。左下に伸びている赤黒のケーブルは、CTEKの充電器用のコネクタケーブル。これがあるおかげで、シートを外さなくとも充電が出来ます。これからはこまめに充電しよう。

2017年7月 5日 (水)

エイプ バッテリー死亡。

久しぶりにエイプを起動したら、バッテリーが死んでいました。

Batt_dead

 最近は、近所のヨーカドーへのお使いにしか使っていなかったエイプ。日曜日にもお使いに使おうと、キーを回したところ無反応。Nランプも、スピードメータのバックライトも全く点かない。完全放電っぽい。あちゃ~と思いましたが、とりあえずキック。一発でエンジンはかかりました。偉い。キャブセッティングが合っているからだな。

 ともかく、帰ってから充電器をつなぎました。CTEKの充電器。ディサルフェーション機能に期待です。しかし、3回充電を繰り返しましたが、充電器には、「このバッテリーダメです」の"!"マークが点灯。完全に死亡したっぽい。ガレージに籠もっている時間が長かったのに、何をしているのやら。

«パワーアンプ取付金具完成

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ