« 6段ギヤから7段ギヤへ | トップページ | 点検・整備 »

2018年4月22日 (日)

トップビューミラー

駐車をしやすくするため、アラウンドビューカメラを付けたかったですが、これで良しとします。

Mirror1
駐車するとき、全体を俯瞰して見えるとクルマを動かしやすいです。これを実現するアラウンドビュー/トップビュー機能は、たしか、日産がエルグランドで初めて採用した機能だったと思います。便利なだけあってどんどん普及して、今や軽自動車でも当たり前の機能になりつつあります。

BMWでは3シリーズ以上にだけ用意されています。ただ、ボトムレンジである1シリーズにはオプション設定がありません。ヒエラルキー構成のため意図的にオプション設定を無くしているのでしょう。うちのM135iにも欲しい機能ですが、F30用の部品を取り寄せて付けるのは高いだろうし、社外品のカメラを付けるのも大変だし美しくない。

アラウンドビュー/トップビューが欲しくなるのは主に駐車の時です。そして、最も駐車頻度の高い場所は自宅ガレージ。普段は、ガレージを広く使うため、クルマを壁ギリギリに止めています。そのため左側面のビューに対する要求が高いです。

クルマの後部はリアビューカメラやドアミラーがあるので位置決めは正確ですが、フロントを壁に平行に止めるのが難しい。寄せすぎてこするのもいやだし。そこで、考えました。自宅ガレージだけはトップビューができるようにして、フロント側の壁との隙間を分かるようにしようと。

方法は、簡単。見ての通りです。上の方に曲面ミラーを取付けます。で、サンルーフ越しに見れば、まさにトップビューです。左側だけだけど。
Mirror2
購入したのは、「光 ガレージミラーGM-224」。約1,900円。安い物ですが、視野が適切になるよう、エーモン製、光製など、いくつかのミラーを検討し、曲率が320mmと小さいこのミラーを選びました。壁への取付には、RCのPコン穴のねじを利用しました。
じっさいに、サンルーフ越しにみるとこんな感じ。見事、トップビューを実現しました(笑)。左フェンダーの位置がばっちりです。この写真ではフロントタイヤの前に、落ち葉を集めたゴミ袋も見えます。
ただ、もう一声言うと、夜になると見えない可能性が高いです。対策として、ドアハンドル照明を点灯させる事を思いつきました。
コーディング情報を調べたら、FEM_BODYのOVT_BEI_RUECKFAHRLICHTをaktivにすれば良いとのこと。今度、変更します。


« 6段ギヤから7段ギヤへ | トップページ | 点検・整備 »

M135i」カテゴリの記事

ガレージライフ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602810/66636739

この記事へのトラックバック一覧です: トップビューミラー:

« 6段ギヤから7段ギヤへ | トップページ | 点検・整備 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ