« フロントウィンドウひび割れ | トップページ | スポーク修理 »

2018年5月13日 (日)

東名と新東名

今年のGWも帰省しました。

私の実家のある岐阜へ帰省しました。併せて、初日に滋賀に住む妻のお祖母ちゃんに会いに行きました。目的は、下の子(ひ孫)を会わせるため。お祖母ちゃんは96歳のため、会えるときに会っておかないと、一生会えないかもしれないので(笑)。

さて、日程は5/3の早朝に出かけ、5/6に帰ります。5/3は下り渋滞のピークの日。本来なら避けるべき日ですが、子どもが小学校へ行っているとどうしてもこの日になってしまう。何でこんな日に行くバカがいるんだろう?と思っていたのですが、そうせざるを得ない状況もあることがやっと分かりました。


とはいえ、工夫をしました。まずは情報収集。JARTICの渋滞予測を見て時間を設定。早朝の2時に出発です。この時間でも渋滞している東名の海老名近辺の渋滞を避けるため、海沿いのR134を走って秦野中井から東名に乗ります。この時間なら、観光道路のR134の渋滞もなくスムーズ。やれやれです。

渋滞予測もないので、何も考えず道がまっすぐだからと御殿場から新東名に乗りました。しかし、これが失敗でした。大型連休に新東名を走るべきではありません。

まっすぐで綺麗な道なのに、思いもしないところで加減速があり疲れます。走行車線も追い越し車線もなく、同じペースです。ACC付きの車で居眠り運転覚悟なら良いですが、深夜に走るには危険すぎる。3日の深夜は、静岡は大雨でした。トンネルに入ると加速,出口から減速です。クルマも多い。このまま前を走る車のブレーキランプを見て走るのかと思うとうんざり。まっすぐ故、先も見えません。緊張。疲れ。そしてSA/PAは満車で入れないという切迫感。

途中、焼津で連絡道を経由して東名に移りました。そしたらどうでしょう。クルマは全然いない。すいすい。楽々。アップダウンやカーブもちょうど良い刺激。休憩も余裕です。正直なところ、新東名をそのまま走っていたら、睡魔に襲われて事故をしていたのかもしれません。東名に移って良かった。

帰りは6日の朝です。渋滞予測によれば、今日は大丈夫のはず。今回はと思い豊田JCTから新東名に入りました。しかし、残念ながら行きと同じモードでした。渋滞はないけれど、速度は80km/h~100km/h超を行ったり来たりで安定しません。例のごとく走行車線も追い越し車線もない。こんな所を200km走るなんてありえない。

遠回りになりますが、浜松いなさから東名へ移りました。クルマの量は1/3程度。ペースも速いです。安定してずっと走ることができました。SA/PAも混むことはありません。

帰ってから、ちょっと調べたのですが、平日は東名、休日は新東名の交通量が多いようです。大型連休になると、それも増長されるでしょう。

結論。GWをはじめ,大型連休は新東名ではなく東名を走りましょう。


余談ですが、M135iに乗り換えてから、高速が楽になりました。東名牧ノ原付近や、静岡=愛知の県境付近、関ヶ原や滋賀の黒丸PA付近など、アップダウンが全然気にならないのです。登りだけでなく、下りも平気。カーブも怖くない。安定。こういうキャラクターはまさにGTなんだと思いました。なればこそ、混んだ道よりは空いたワインディングをずっと走りたいですね。

« フロントウィンドウひび割れ | トップページ | スポーク修理 »

M135i」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602810/66716171

この記事へのトラックバック一覧です: 東名と新東名:

« フロントウィンドウひび割れ | トップページ | スポーク修理 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ