« シフトワイヤー切れ | トップページ | シフター修理 »

2018年12月 2日 (日)

双胴船

 11/29に珍しい船を見ました。

Millinocket
 出張先へ行くのに、横浜駅からの高速バスに乗ったのですが、途中ベイブリッジを渡っているときに見ました。くたびれたカタマラン(双胴船)。直感的に、TSL(テクノスーパーライナー)がお役御免になり化粧が落とされて捨てられに行くのかなと思いました。

 ただ、MarineTrafficで調べると、そうではなくてこの船はアメリカ海軍のMillinocketという輸送艦だと分かりました。もう少し調べると、遠征高速輸送艦というジャンルで、最高速度は42knot。80km/hで走るらしい。写真は、こちらのページに多くあります。さすがアメリカ海軍、個性的な船も持っているんですね。


 ところで、TSLは何かというと、1990年代に研究された高速船。私が学生の頃で、NHKで特集番組があり、すげーって思い強烈に記憶に残っていたのです。2種類が建造されて、一つは水中翼船型で、もう一つが、カタマランとホバークラフトの合わさった感じのもの。

 前者は、研究が終わった後、神戸港に飾られていました。97年ごろ偶然見つけてうれしかった。ただ最近解体されたとのこと。後者は、清水と伊豆半島を往復していたはずでしたが、こちらも最近解体になったようです。どっちも不幸というか、その後の経緯も見てみると、TSLって失敗だったんですね。。。

« シフトワイヤー切れ | トップページ | シフター修理 »

MISC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双胴船:

« シフトワイヤー切れ | トップページ | シフター修理 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ