« 10年もののブレーキフルード | トップページ | 新装オープン »

2019年2月11日 (月)

ボーっと生きていると

ガレージドアに、クルマをぶつけてしまいました。

Garagedoor

買い物が終わり家に着き、ガレージドアをリモコンで開け、考え事をしながら、クルマを仕舞おうとしていました。そのとき、ゴゴゴっとイヤな音が。リアハッチのスポイラーとガレージドアの一番下の段が衝突(涙)。ガレージドアは座屈して、内側に曲がってしまいました。派手に曲がりました。N55エンジンのトルク450 Nmは伊達ではありません。ドアは、油圧ジャッキを使って押し返すことで開閉できるようにはなりました。

バックカメラは路面を写すだけで、上の方は見えないですよね。いつもはドアミラーでしっかりガレージドアが開いていることを確認してバックしているのに、考え事をしていたせいで、このザマ。注意力が散漫になっていると、つまらないことで失敗してしまうのですね。ボーッとして運転するのは危険なのだと、実感。

Scratch
クルマのキズはこんな感じ。さほどひどく見えませんが、ぶつけた時はガレージドアの白いペイントが沢山付いて目も当てられない状態でした。この写真はディーラーに持って行って、サービスがコンパウンドをかけてくれた後のもの。ペイントが完全にはげたのは二筋だけで、他はクリアにキズが付いただけでした。やれやれ。

ただ、この自損事故で、保険に関していろいろ勉強になりました。

まず、クルマの任意保険。一般条件で車両保険に入っているので、保険会社に問い合わせ、これを使えるか確認しました。結論としては、使えます。ただし、免責5万円に加え、等級が3つ下がることによる保険料アップ(3年分)を加味すると、私の場合、約16万円保険料が増えます。つまり、修理代が16万円以上を越えないで保険を使うと損をします。また、ガレージドアは物損ですが、他人のものでは無いので、保険料は支払われません。

次に、ガレージドア修理に関して自宅の火災保険を調べました。建物に門やへいは含まれ、外部からの物体の落下、衝突などは補償されます。またクルマの任意保険の様に等級ダウンはありません。ですが、保険契約者が運転する車両などの衝突は対象外とのこと。要は、保険は使えません。

結局の所、このような、頻度が高そうで被害の少ない事故に対しては、保険は役に立たないようです。ま、ごくたまにある大きな被害の時には使えるわけですから、意味はあるのですが。保険会社は損をしないよう、上手く仕組みを作っているなと感じました。

« 10年もののブレーキフルード | トップページ | 新装オープン »

ガレージライフ」カテゴリの記事

M135i」カテゴリの記事

修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーっと生きていると:

« 10年もののブレーキフルード | トップページ | 新装オープン »

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

ウェブページ

無料ブログはココログ