BMW

2018年7月23日 (月)

車検終了

車検が終了しました。

Rm_japan_evo_20182
大きな問題もなく、無事終了。主なイベントは下記です。

  • ブレーキフルード交換 一式 約7,000円
  • サンルーフのきしみ →メカは問題なく、ゴムパッキンへの給油(ドライ・ルブ)
  • ナビマップの更新 JAPAN EVO 2018-1から JAPAN EVO 2018-2へ。
タイヤ、ブレーキ、バッテリなど全く問題なく、非常にコンディションが良かったとのこと。1万kmしか走ってないし、ガレージにしまい込んでいるから、当然かな。

3年経って車両の補償やマップの更新権が8月で切れます。BMW CONNECTED DRIVEには、新マップはアップされていませんが、最後にマップがアップデートされたのはうれしかった。

次からは、一回当たり約3万円の有償となります。アップデートするのは何年後かな~。
さて、気になる費用は約16万円。
内訳は、法定費用が6万円、24ヶ月点検が4万円、車検費用が5.3万円、ブレーキフルード交換が0.7万円です。まあ、工賃が高いですね。

比較のため簡単に調べましたが、工賃はHonda Cars 埼玉北(たまたま見つけた)の倍です。正規ディーラーであることによるノウハウ(安心料)と、よそではできないナビデータのアップデート、エレキ周りの点検が付加価値ですね。
Alfa 147の最後の車検(2013年)を調べたら、こちらもトータル16万円でした。あれ?BMWだから高いということもないようです。この辺が、輸入車正規ディーラーの相場なのかも。

218d Active Tourerのインプレ

代車で用意されたアクティブツアラーで、ちょっとだけドライブしました。

218d_msp2
はじめに簡単にクルマの素性を記すと、このクルマはLCI前の218d Active Tourer M sportsです。いま、218dのM sportsはX drive付きのみとなっています。ディーラーは型落ちの国内在庫を安く入手したのでしょうね。

早朝、まだ車の少ない時間に近くを走りました。県道22号を朝比奈から、峠を越えて鎌倉に入り、八幡宮まで行って、そこからまっすぐ海へ。そして海沿いのR134を江の島まで行って湘南モノレール沿いに戻ってくるコース。40kmくらいかな。

走り出すと下からのトルクは、M135iと比べても同等レベルにあり、快適。ディーゼルの音や振動も気になりません。アイドリングストップからの復帰は、M135iより振動が少なく、レスポンスもいいです。視線は高く周りを見渡しやすい。当然ながら着座姿勢は高く、スポーティではありません。それ故、町中では運転しやすいと感じました。ただ、上の子と一緒に出かけたのですが、彼曰く、曲がるときカクカクするとのこと。重心の高さやFF故なのかな?

峠の登りでSportsモードにして、アクセルをベタ踏みしてみました。一瞬ホイルスピンして加速するものの、あまり伸びがない。パワーバンドが狭い。この辺りはディーゼルなんだなと思いました。

室内は、幅、天地、後席の前後長いずれも広く、快適です。アルカンターラっぽいシートは質感がいい。そして燃費もいい。瞬間燃費計の数字は、たいていM135iの1.5~2倍の値を示しています。しかも軽油だから安い。ファミリーにはうってつけのクルマだなと思いました。

ウチの奥さんにこんなの乗せたら、こっちにしようよと言われてしまう。危ない危ない(笑)。

2018年7月16日 (月)

10,000km 達成

3年が経ち、やっと10,000 km走りました。

10000km
ここに至るまで、3年です。Alfa 147の時は半年、A-160の時は1年強でした。どうせならきれいなところを走って、10,000 kmを迎えたかったのでドライブ。湘南の海だったら良かったのですが、その手前の北鎌倉で10,000 kmでした。そのまま江の島まで行って、帰ってきました。

今日は、車検に出します。車検に出している間に10,000 kmになっては悲しいので、ドライブしたのです(笑)。
さて、クルマを預けにディーラーへ行くと、ディーラーでは代車が用意されていました。特に頼んではいなかったけれど、BMWでは代車を用意するのがデフォルトらしい。クルマは218d Active TourerのMスポーツ。

218d_msp
最近代車を新調したとのことで、1,000 kmも走っていないほぼ新車でした。FFのファミリーカーなのにパドルが付いていました。モノはM135iと同じ。ハンドルもほぼ同じなので、同じ感覚で操作できます。最近のディーゼル エンジンのクルマに乗るのは初めてなので、興味津々。思っていたより静かで、そしてトルクフル。そして、室内も広い。ファミリーカーとしてみたら、M135i (1シリーズ)より、ずっとずっといいですね。もちろん、軽やかさや、曲がったときの安定感は、M135iの方が上なわけで、あえてこのクルマを買う理由はありませんが。

あ、HUD付きなのと、iDriveの画面が大きくなってタッチパネルなのはいいなあと思いました。

2018年6月29日 (金)

オイルについて考えた。

オイルを注文したのですが、いろいろあったので、いろいろ調べました。

New_mobil1
これが、注文して届いたオイル Mobil 1の0W-40の説明書きです。BMW LONGLIFE-01の記載がありません。「旧規格」のオイルで、LONGLIFE-01認証です、というページで注文したのに、「新規格」のものが届きました。

ちなみに一年半前に買ったMobil1の表示はこれ。ちゃんとLONGLIFE-01の記載があります。

Mobil1_0w40
落胆はしましたが、そんなこと言っていてもしょうがないので、返品手続きを行いました。対応は速かったので、ショップの対応には満足しています。


さて、エクソンモービルは、何でこんな価値を下げることをするのか気になり、Wikiなどで調べてみました。代わりのオイルの検討も必要ですし。

こうなった理由は、カストロールとの係争で負けたから(負けて、商売がきつくなったから)の様です。

Mobil1 0W-40(昔の名前でRP, Race Proven)もカストロール Edgeも化学合成油を使った、高級オイルの位置づけです。

ただし、カストロール Edgeは鉱物油を水素化分解した超精製油を使用しているとのことです。

超精製油は、鉱物油がベースなので、化学合成油と名乗ってはいけないというのがエクソンモービルの主張。

一方、超精製油は、ただの鉱物油ではなく、高度な化学処理をして、性能も従来の化学合成油と比べてもそん色ないから化学合成油と名乗ってよいというのがカストロールの主張。

で、アメリカ政府の商標を扱う役所の判断で、カストロールの主張が通った。

結果、カストロールは低コストで作れる超精製油を化学合成油と呼んで安価に提供を始めました。これに太刀打ちするため、エクソンモービルも従来の化学合成油であるPAO (ポリアルファオレフィン)に超精製油を混ぜて生産を始めた。

それが新しい規格のMobil1 0W-40が出た理由です。

表にまとめるとこんな感じ。

 

A

B

C

D

銘柄

Mobil1 0W-40

(RP: Race Proven)

Mobil 1 0W-40

Castrol Edge

5W-40

BMW ロングライフ01

品質

API Group 4

API Group 3

API Group 3

API Group 3

主成分

PAO

PAO+超精製油

超精製油

超精製油

超精製油比率

0%

5~10%

ほぼ100%

ほぼ100%

BMW LONGLIFE-01

×

市価(2018/6月)

1,250円/L

1250/L

750/L

2,500/L

 

Bの新 Mobil1 となっても超精製油はそんなに混ざってはいません。ただ、理由はわかりませんが、Mobil 1は、A→Bとなったとき、BMW LONGLIFE-01や日産GT-Rアプルーバルなどが外れました。

一方で、Cと、カストロールのOEMであるDのBMW ロングライフ01は超精製油です。だったらBだってアプルーバルが通ってよさそうなものなのに。

ともかく、私が欲しいのは、BMWのアプルーバルが通ったオイルであるため、AはあきらめCを買うことにしました。Aを再注文して、またBが届いたらイヤだなという思いもあります。AとBの違いにこだわっているのは、BMWとGT-Rユーザぐらいだろうから、世の中、A, B関係なく流通している可能性も捨てきれないので。パッケージの見た目がほぼ同じというのも嫌らしい。


一歩引いてみると、カストロールがエラいと言っても良いのかもしれません。モービルは、高性能を実現するために高い製法を使用するしかなかったのですが、カストロールは、高性能を安価な超精製油で実現したのだから。


一方で、超精製油を化学合成油と呼ぶというのは、本当の霜降り肉も、脂肪注入した合成牛肉もどちらも霜降り肉と呼ぶと決めたようなもので、気持ちのいいものではありません。そうは言っても同じくらい上手いんだったら、安い方が良いとも言えます。

更に脱線しますが、牛肉は自然のものが高級品で合成したものは低級品という扱いなのに、エンジンオイルは、合成油が高級品で、鉱物油(自然のもの)が低級品というのは面白いですね。



ともかく、以上のことを考えて、カストロール Edgeの5W-40を注文しました。5W-40だけでなく0W-40もLONGLIFE-01を通っていますが、安い方の5W-40 (3,000円/4L)を注文しました。鎌倉は寒くないし、5Wでも問題ないでしょう。


今回のオイル交換では、在庫のMobil1 3LとEdgeを3.5Lを混ぜることになります。ほぼ半々。

これも気持ち悪いといえば、気持ち悪いですね。ただ、どちらもLONGLIFE-01を通っているオイルです。一般論としてエンジンオイルの銘柄を混ぜることによる不具合はほとんど無いようなので、気にせず混合します。

雰囲気は、コカコーラとペプシコーラを混ぜるようなものかな。どんな味がするんだろう。

2018年6月 9日 (土)

クランクシャフト

M135iのエンジン、N55B30Aのクランクシャフトは、鍛造で特別だという話がありました。

N55_crank_shaft

ホンマかいなと、Realoemで調べてみたら、ホンマでした。

下は、M135iのクランクシャフトの部品番号です。

N55_f20
M135i / M235iと、前の7シリーズ、前のX435、それとM2やM235i Motorsportでのみ使われています。M2やモータースポーツ用でも使われていると言うことは、特別な品。

翻って、3シリーズなどはどうかというと、下のリストのように非常に多くの車種で使われいました。量産品ですね。

N55_3

喜んでみたものの、上には上があって、M3/M4のS55エンジンのクランクシャフトはまた、べつものです。

S55

それで、4月頃ですかね。2018年後半から、M2がN55エンジンから、S55エンジンに換装してM2 コンペティションになるとのニュースが出たのは。

今、N55のクランクシャフトを使っているのはほぼM2だけで、他の直6は全てB58エンジンに変わってしまったから、もうN55エンジンのクランクシャフトを作るのが面倒くさくなったから、M3/M4と一緒にしちゃえ!って事ですよね。M2を買うお客さんも喜ぶから一石二鳥だし。


なお、M135iのピストンや、コンロッドは3シリーズなどと同じです。量産品。
M140iが積んでいるB58エンジンのクランクシャフトは、3, 4, 5, 6, 7シリーズでも使われているものと同じで、量産品です。数字は40より小さい35だけど、特別だったのだと思うとうれしい。

以上、どうでもいい自慢話でした。

2018年2月24日 (土)

LCIその2

先週の土曜日のことですが、エンブレムをとりにディーラーへ行ったついでに、新車の見物をしました。ショールームには、EDITION SHADOWの118dが置いてありました。
EDITION SHADOWだけに、ヘッドライトの隈取りがすごいのかなと思ったのですが、そんなに違わない。あれ?何でだろう。
最新型の1シリーズは内装が大きく変わっています。こちらの方が興味津々。
インパネは確かにスリークになりました。ウチのM135iの世代までは、わざと凹凸を付けている感じがしますが、そういうのが無くなりました。ただ、メーターナセルの端にステッチも成型されます。ぱっと見の高級感は増したけど、すぐに偽物と分かるので微妙な感じです。

iDriveのコントローラスイッチもスリーク。ディスプレイはサイズが大きくなっています。
メーターはフルLCD。ただし、2眼メーターを模するリング(半月状)は存在。こだわりというか、AudiのVirtual CockpitやMBのフルLCDを意識しているけど、全く同じにはしたくなかった模様。なんとなくだけど、次のFF 1シリーズではVirtual Cookpit風のUIになると思いますが、それまでの間、Audi A3と比較され「いまだに針のメーター使ってるの?格好悪い!」と言われないための言い訳のように感じました。要はフルLCDにしたけど、地図など表示できずメーターだけなので、メーター専用です!と言い訳をしている感じ。
脱線しますが、LCDインパネは世の中の趨勢ですね。日本精機とかトレンドに乗っていけているかな?それより問題なのは計器メーカに部品を卸しているところで、ステッピングモーターメーカーは需要がどんどん減りますね。そしてLCDメーカの引き合いが増える。そういえば、最近のバイクも見た目は丸いメーターでもLCDになっている物もあります。メーターが大幅に薄くなり、メリットも感じますが。
Edition_shadow
センターコンソールを見ると、EDITION SHADOWのラベルが野暮ったい。なんとなく、古いイギリスの雰囲気。ただ、自分で買ったなら、あばたもえくぼで気に入ると思います。
また、ドリンクホルダーにフタが付いています。改めて実物をみると、フタを閉めた姿はかっこいい。これはこれでいいかも。ただそうなるとペントレイがイヤですね。むしろ無くしてしまった方が良かったのかも。
いずれにしても、些細なことでの差別化であり、知っている人でないと気にならないレベルです。まあ、できることもこれくらいでしょうし、やはりFMCのタイミングなのでしょう。

2017年8月30日 (水)

数字の遊び

 M135iは、フロントヘビーで、BMWの売り文句である50:50の重量配分ではありません。まあ、重たい直6エンジンを積んでいるんだから、直3の118iとは違うはず。M135iの重量配分は52:48だそうです。エンジン重量が100%フロントに乗っかっていて、車重が1.5tとすると、単純計算で30kgを後ろに持って行けば、50:50になります。

 じゃあ、N55B30Aというエンジンの重量はどれくらいなんだ? それは重たいのか?ということで調べました。主にこちらのサイトの情報を引用すると、次のようになります。

  • N55B30A   132kg
  • B38B15A       ?
  • RB26DETT   260kg (日産 R32 GT-R 2.6L)
  • KF               47kg (ダイハツ 3気筒 660cc)
 B38エンジンの重量を見つけられなかったのは残念ですが、ともかくN55は132kg。これは、日産のRB26の半分です。本当かな?RB26は30年近く前のエンジンではありますが、その半分です。差分で言うと128kg。大人二人。鋳鉄ブロックとアルミブロックの違いだとは思いますが、スカイラインGT-Rがフロントヘビーだと言われる所以が、分かったように思いました。それと、軽四はエンジンも軽いんですね。大人一人分の重量も無い。



 最近、1シリーズの2回目のLCIが実施されました。カタログをダウンロードしたので、どう変化したのか勉強します。ただ、価格を見てびっくりしました。M140iは618万円。たしか私が買ったとき、M135iは566万円だったので50万も高くなっている。いくらBSIが標準となり、ブレーキエアダクトが付いているとはいえ、高杉。BSIは10万円くらいだし、ブレーキエアダクトはサービスパーツで取り寄せても1万円。残りの40万を出せば、原価ベースではエンジンをもう一つ買えるのでは無いかな?
 まあ、タイミング良く買ったと思うことにしよう。これから買う人は、ちゃんと交渉すれば、大幅値引きを狙えるはずです(笑)。

2017年2月12日 (日)

ナビマップ更新

ナビマップを更新しました。2017-1です。

Rmjpnevo20171
ネットを見ていたら、リリースされているとのこと。My Connected Driveにアクセスしたらありました。Road Map JAPAN EVO 2017-1。この日付なら、第二東名が伊勢湾岸道につながっているでしょう。

ダウンロードは簡単なのですが、サイズが73.3GBもあります。我が家は未だにADSL。実績でいうと5.6MB/secのペースで36時間です。二晩くらいPCの電源を入れっぱなしでした。なお、専用のダウンローダ「BMWUpdateManager」は大したもので、中断してもそこから再開してくれました。ダウンロードが終了すると、ベリファイして問題ないことを確認。

73GBが入るUSBメモリなんて持ってないので、ダウンロードしながら買いました。128GBのUSBメモリ。FAT32でフォーマットしてないといけないという情報もありましたが、デフォルトでFAT32だったのでそのままです。
73GBのデータをUSBにコピーするのも一苦労。寝てる間にコピーしてもらいました。USB3.0だったらもっと楽なんだろうなあ。

なお、クルマへの書き込みも中断可能でした。書き込み時間は1時間程度。エンジンかけて待っているのも面倒なので、ちょっとドライブ。大黒PAまで行って帰ってきました。日曜日の大黒PAは、フェラーリ、ポルシェ、GT-R、トヨタ2000GTなどがミーティング。いいですね。M135iなんてただの乗用車だなあと、改めて認識しました。でも速いし、ちゃんと4人乗れるところはホットハッチの良いところ。

2016年10月30日 (日)

プチドライブとiPhoneとのBluetooth接続

 暇つぶしにドライブに出かけました。三浦半島西岸の立石公園そばにある、立石駐車場が目標地点。

 行きは、三浦半島中央道路を通って湘南国際村を通り抜け、帰りは海沿いに走り、逗子から朝比奈を越えて走ります。ちなみに、湘南国際村近辺は、tvkの「クルマでいこう」で、高性能でないクルマの試乗に使われています。走った理由は、iPhoneのBluetooth接続について試したかったから。何となく、iDriveのディスプレイにアルバムのジャケットを表示するときに固まる感じをしていたので、ほかの情報を表示すれば大丈夫かと思い、それを試したかったのです。結果として、いい調子でした。ただ、プレイリストの曲が終わり、違うプレイリストに変更しようとしたら、固まってしまいましたが。iOSは、10.0.2です。
 帰ってから、何気なくiPhoneをさわっていると、10.1がリリースされたとのこと。リリースノートを見るとBluetoothについての記載もあります。

その他の改善および修正

    • 他社製アクセサリのBluetooth接続の問題を改善
 ガレージでちょっと触ってみると、ジャケット写真を表示しても固まりませんでした。とりあえず、少しはよくなった様です。

2016年10月 8日 (土)

M140iにはダクトがある!その2

 ブレーキエアダクトが到着しました。

 先に、M140にはブレーキエアダクトが装着されている件に触れましたが、LCI前用に購入したブレーキエアダクトをLCI後用のものに交換できました。9月末に注文して、納期予想の3週間を待たずに届きました。

Brakeairduct_new1

 ダクトの側面には、大きく「F20 LCI MSP」と刻印が。MSPってM Sportsかな?

Brakeairduct_new2
 ともかく、うちのM135に取り付けられる可能性の高い部品を入手することができました。いつ作業できるかなあ。

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ