ガレージライフ

2017年11月23日 (木)

最近気になる物

クルマやバイクをいじることも一段落していますが、なんとなく気になっている物があります。

それは、cpm (中央製作所)が販売しているロアーレインフォースメントプレート。でも、これって意味あるのかな。カー用品だと、そこそこ高くて、効果は無いが害も無いので大丈夫、というものも売られており、そういう物にお金を出したくありません。これはどうなんでしょう。

P_img_533e1517c46b9

(cpmのHPより引用)

モーターファン・イラストレーテッドのVol.130 P40を見ると、プロペラシャフトが通る凸部は、横曲げとねじり剛性確保のため、開かない様にすることが重要と書いてある。頭の中で変形をイメージさせるとそんな気もするし、そもそも重要が故にメーカーもここに補強板を入れているのでしょう。

それで、補強板にとって重要なのは剛性(ばね常数)が高いこと。乗り味に関する部分なので、破壊に関わる引張強度は関係ありません。剛性は、ヤング率と板厚の積に比例する。ただ、ジュラルミンって要はアルミだから鋼よりヤング率低いよね。板厚でカバーするんだろうけど、実際どうなのということで、調べてみると、普通のジュラルミン(A2017)は69 GPaと純アルミと同じ、対して鋼は205 GPaとざっくり3倍あります。ということは、ジュラルミンで純正以上の剛性を得るためには、厚みが3倍以上必要。純正の板厚が1.5mm (ノギスで測定)だったから、4.5mm以上か。見た感じ、それよりはありそうだから、きっと剛性は上がるのでしょう。

ただ、この部位ってどんな力が働くんでしょうね。左右に広がる引っ張りと前後に動く剪断かな。最近はやりのトポロジー最適化を行うと、もっとかっこいい形になるのではないかと期待します。その辺はもう一押し欲しい感じ。で、今売っている物を買うのか買わないのか。まあ、買ってしまうかも。

cpmのHPを見ているとフロントエンドブレースなる補強用の棒もラインナップに加わっていました。
P_img_5a03f895c4b56

(cpmのHPより引用)

以前、M2のエンジンルームの写真を見て、ラジエーターにつながっている補強の棒を見て、うらやましいと思い、M2の純正品が付かないかと調べたことがありました。結論は、取り付けるねじ穴が無くダメだったのですが、これと同じ機能を果たしてくれる物。なかなかいいです。

そもそも、なんでこんな形の補強をしているんでしょうね。M2はプレス板ですが、M3/M4はカーボン製のかっこいいブーメランが入っています。目的は、ストラット間の剛性確保な訳で、だったらストラットタワーバーでいいじゃんと思ってしまいます。

なぜ、ブーメランか。おそらくは歩行者の衝突安全性確保のため、エンジンとボンネットの間に構造材を入れられないため、こういう形になるんでしょうね。どこの自動車メーカーだって、NCAPの☆は沢山欲しいですから。でも、エンドユーザーからしたら、そういうことを勘案しつつも、費用対効果で従来型のタワーバーを選択してもいいのかなと思いました。


さて、近所の買い物にしか使わない、半盆栽バイクのエイプも何かしらいじりたいという欲求があります。目的はパワーアップ。必要かどうかは別として。

排気量を上げるか、レブリミットをあげる。前者にはボアアップキットが様々出ています。後者には動弁系を軽くする、軽量リテーナーキットをヨシムラが出しています。125 ccにすれば、単純計算で、25%パワーアップ。レブリミットが11,000 rpmから13,000 rpmに上がれば(高回転でもきちんとトルクが出てくれるなら)、18%パワーアップ。合わせ技で47%パワーアップです。いずれにしても、エンジンを下ろさなくてはいけないから、だったらついでにポート研磨もしたい。ポート研磨するには、強力なリューターが欲しい。エアリューターか。だったらエアコンプレッサーもいるなあ、などとちょっと物欲が増してきています。

2017年11月12日 (日)

ボディの補強

リフトサポートの交換がてら、ボディの裏面を観察しました。

Stiffner

cpmというメーカが出している、ロアーレインフォースメントというアルミ板でできた補強板があります。これのとりつく場所を観察しました。純正は、1.5mm厚の鉄板をプレスしたもの。一方cpmはジュラルミン(アルミ合金)製で厚いです。メーカの言い分通り、剛性が上がるのでしょう。交換は簡単そうでした。
なお、取付ボルトはM8x18、工具はトルクスのT50が必要です。ジュラルミンとはいえ、ただのアルミ板にフライスかけたものの割には高いなあとは思いつつ、自分では加工できないわけで、そう考えたら、適切な値付けなのかも。

2017年9月24日 (日)

タイヤ

何気なく、エイプのタイヤを見たら、9年前のタイヤでした。

Tire_of_ape
 08年の24週に製造。9年以上経っています。やばい。でも、タイヤをよく見てみると、結構きれい。ヒビは見えないし、カチカチでもないし、側面にはヒゲがまだ残っている。ま、2000kmも走ってないですからね。
 一般的には3年とか、5年でタイヤは寿命というのをよく見受けますが、実際どうなんだろう。タイヤの保管という観点で調べたら、トーヨータイヤグッドイヤーに分かりやすい記述がありました。ともかく、避けるべきは、紫外線、水、油、高温とのこと。それから、あまり高圧にしない。そういう意味では、ウチのエイプは優良です。ずっと真っ暗で、温度変化の少ない地下車庫に保管しっぱなし。雨にも降られない。アスファルトじゃ無いから油にも接しない。というわけで、一般的な保管環境よりタイヤが長持ちする環境なのだろうと考え、直ちにはタイヤを交換しないことにします。

Punc

 そう思っていた矢先、MTBがパンクしてしまいました。チューブにパッチを当てて修理しましたが、場所的にどうやらスネークバイト(リム打ち)っぽい。1カ所だけでしたが。自転車のタイヤは、ちゃんと空気圧を高くしておかないとだめですね。



2017年8月29日 (火)

やっとフタ

この日曜日、やっと内張りを取り付けました。

Trunk_4
 パワーアンプを取り付けるため、今年の5月に剥がしたトランク左側の内張り、作業が全て終わったので、やっと取り付けました。アンプもきれいに収まりました。欲を出してキャパシタも取り付けました。大容量バッテリが近くにあるので、意味が無いような気もしますが。。。。

Trunk_5
 閉じてしまえば、全く純正と変わらない。閉空間だから放熱は気になるけど、アンプに温度センサが付いているだろうからまあいいか。追々、ホームページの方を更新します。



2017年8月13日 (日)

ブレーキエアダクト取付終了

やっと取り付けました。ブレーキエアダクト。

Brakeairduct2

 詳細は、これからホームページの方に追加します。事前の予想通り、ダクトの取付よりも、バンパーの取り外しが大変でした。

 これで、フロントグリルのフタからおさらばです。


2017年8月12日 (土)

工具の更新

プラスドライバ #2と、六角レンチ 3mmを新しいものに変えました。

Wera
 スクリュードライバーは、KTC製の21世紀バージョンセットを使っています。しかし、使用頻度の一番高い#2サイズのカムアウトが激しくなり、このままではどんどんねじを痛めてしまうので、新しいドライバーを買いました。またKTCにしようかと思いましたが、Weraのダイヤモンドコーティングドライバーにしました。家ではダイヤモンドコーティングビットを使っているのですが、食いつきがよく使い勝手が良かったので。KTCの21世紀バージョンよりは、値段が倍しますが、回しやすいし、カムアウトしづらいので、Weraです。工具箱の中での統一感は崩れましたが、見た目より使い勝手。

Wera2
 定番評価ですが、磁石の付かないSUSねじをビット先端に付けてみました。しっかり保持してくれています。使い古したKTCではポロリ。このパフォーマンスを長く保ってほしいものです。

 六角レンチ。Snap-Onのセットを使用しています。とはいえ、この青いやつはどこかのOEM製で高いシリーズでは無いらしいです。こちらも使用頻度の高い3mmのボール側がバカになり、回せなくなってしまいました。というわけで、3mmだけ買いました。BONDHUSの黒染めのもの。安いし丈夫。ボールポイントならBONDHUS。セットで買うなら、PBのカラフルなやつも惹かれますが、この力強い感じも好きです。

Bondhus

 







2017年7月17日 (月)

パワーアンプ取付終了

パワーアンプの動作確認まで終了しました。

Inst_power_amp
 線をすべてつなぎ、音が出ることまで確認しました。写真、左側の端子台はインプット(ASDから)で、右側の端子台はアウトプット(スピーカへ)です。本当は左側だけで納めたかったのですが、微妙に車側のケーブルが足らず、左右に端子台を分けました。

 調整が不十分な中での第一印象。エンジンサウンドが良くなった!(笑) N55エンジンが美しくも勇ましい音を奏でるようになりました。ASDの下流にパワーアンプを仕込んで良かった(笑)。ゲイン調整が不十分なため、相対的にASDが作るエンジン音が大きくなったというのもあるでしょうが、ASD内のワンチップへなちょこアンプから、ちゃんとしたアンプにした効果なのでしょう。これから、ゲインやバランス、トーンなどを調整していきます。

エイプ バッテリー交換。

エイプのバッテリーを交換しました。

 Amazonで互換バッテリー(CT4L-BS)を購入し、取り付けました。

Batt_excg

 ちなみに、死んだのも同じCT4L-BSでした。1,600円だし、まあいいか。左下に伸びている赤黒のケーブルは、CTEKの充電器用のコネクタケーブル。これがあるおかげで、シートを外さなくとも充電が出来ます。これからはこまめに充電しよう。

2017年7月 5日 (水)

エイプ バッテリー死亡。

久しぶりにエイプを起動したら、バッテリーが死んでいました。

Batt_dead

 最近は、近所のヨーカドーへのお使いにしか使っていなかったエイプ。日曜日にもお使いに使おうと、キーを回したところ無反応。Nランプも、スピードメータのバックライトも全く点かない。完全放電っぽい。あちゃ~と思いましたが、とりあえずキック。一発でエンジンはかかりました。偉い。キャブセッティングが合っているからだな。

 ともかく、帰ってから充電器をつなぎました。CTEKの充電器。ディサルフェーション機能に期待です。しかし、3回充電を繰り返しましたが、充電器には、「このバッテリーダメです」の"!"マークが点灯。完全に死亡したっぽい。ガレージに籠もっている時間が長かったのに、何をしているのやら。

2017年6月25日 (日)

パワーアンプ取付金具完成

パワーアンプの取付金具が完成しました。

Holder_fin_2

 最近、このネタばっかりです。
 金具は、アルミ板で作っていますが、黒く塗ったので純正ライク。幸いどこかに干渉すると言うことも無く完成しました。左側のグレーの四角いものは、ワンタッチ端子台です。4chアンプだと、input/outputで8系統、プラスとマイナスがあるので16本もの電線をつなぐ必要があります。これだけ沢山の電線を圧着端子でガチャガチャやるのは面倒なので、端子台を設けました。スプリング式なので、簡単確実に接続できます。
 これでやっと、クルマ本体の作業に入れます。端子台への接続とバッ直にすること。ふつう外部アンプの取付って、これら作業が主体ですよね。ずいぶん遠回りをしているけど、工作を楽しんでいるから、これもまたよし。

 ガレージに籠もって、クルマを動かさないのはストレスがたまります。ほんのちょっとドライブしました。湘南モノレール沿いに江ノ島に出て、長谷から内陸に入り藤沢方面へ。柏尾川の手前で大船方面に折れて、三菱電機の脇を通って帰るコース。長谷寺や大仏のあたりは、人は多かったですが、幸い渋滞はほとんどありませんでした。また小袋谷の跨線橋への接続が良くなったので走りやすくなりました。結構うれしいです。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

無料ブログはココログ