ガレージライフ

2017年6月25日 (日)

パワーアンプ取付金具完成

パワーアンプの取付金具が完成しました。

Holder_fin_2

 最近、このネタばっかりです。
 金具は、アルミ板で作っていますが、黒く塗ったので純正ライク。幸いどこかに干渉すると言うことも無く完成しました。左側のグレーの四角いものは、ワンタッチ端子台です。4chアンプだと、input/outputで8系統、プラスとマイナスがあるので16本もの電線をつなぐ必要があります。これだけ沢山の電線を圧着端子でガチャガチャやるのは面倒なので、端子台を設けました。スプリング式なので、簡単確実に接続できます。
 これでやっと、クルマ本体の作業に入れます。端子台への接続とバッ直にすること。ふつう外部アンプの取付って、これら作業が主体ですよね。ずいぶん遠回りをしているけど、工作を楽しんでいるから、これもまたよし。

 ガレージに籠もって、クルマを動かさないのはストレスがたまります。ほんのちょっとドライブしました。湘南モノレール沿いに江ノ島に出て、長谷から内陸に入り藤沢方面へ。柏尾川の手前で大船方面に折れて、三菱電機の脇を通って帰るコース。長谷寺や大仏のあたりは、人は多かったですが、幸い渋滞はほとんどありませんでした。また小袋谷の跨線橋への接続が良くなったので走りやすくなりました。結構うれしいです。

2017年6月13日 (火)

パワーアンプの取付開始

パワーアンプの取付作業を開始しました。

 といってもクルマには触らず、金具に対する切った貼ったの加工です。
 まず、外した金具を採寸して、必要な図面を一通り引きました。5枚くらい。使ったのはフリーの2D-CAD、ダッソーシステムのDraftSight。仕事だと3Dですが、こういう作業なら2Dも楽かな。

Holder
 で、それに基づき、金具をぶった切りました。ディスクグラインダを使って、ジェレミー・クラークソンの様に。
Holder_2
今回はここまで。

2017年5月21日 (日)

パワーアンプの取付準備

トランク左側面のポケットへのアンプ取付準備を始めました。

Bracket_1

 連休中にアンプを購入しましたが、これの取付を検討するため、内張を剥がし、金具を取り外しました。この先、時間がかかるので、内張以外は、原状復帰させます。
 トランク左側面のポケットには、DINサイズの取付金具が装着されていますが、購入したアンプ、アルパインのMRV-F300はDINサイズよりわずかに大きく、この空間に入りません。最近知ったロックフォードのPBR300X4なら無加工で入るので楽なんですが。まあ買ったものは仕方がない。改造を進めます。

Bracket_2
 金具を下ろし、詳しく観察しました。幅を少なくとも10mm増やすことと、アンプを取り付ける台が必要。Alfa 147のカーナビ本体の取付時と同じく、アルミ板のプレートを取り付けることになりそうです。下の写真で、黄色いテープ(マスキングテープ)が貼ってあるところは、切断する予定の所。ちょっとずつ準備して、夏休みの工作かな。

Bracket_3



2017年4月30日 (日)

帰省準備

今年のゴールデンウィークは岐阜にある私の実家へ行くことにします。

平らな実家近辺を楽しむべく、自転車を持って行きます。サイクルキャリアを取り付けました。

Cyclerack

2017年2月12日 (日)

ナビマップ更新

ナビマップを更新しました。2017-1です。

Rmjpnevo20171
ネットを見ていたら、リリースされているとのこと。My Connected Driveにアクセスしたらありました。Road Map JAPAN EVO 2017-1。この日付なら、第二東名が伊勢湾岸道につながっているでしょう。

ダウンロードは簡単なのですが、サイズが73.3GBもあります。我が家は未だにADSL。実績でいうと5.6MB/secのペースで36時間です。二晩くらいPCの電源を入れっぱなしでした。なお、専用のダウンローダ「BMWUpdateManager」は大したもので、中断してもそこから再開してくれました。ダウンロードが終了すると、ベリファイして問題ないことを確認。

73GBが入るUSBメモリなんて持ってないので、ダウンロードしながら買いました。128GBのUSBメモリ。FAT32でフォーマットしてないといけないという情報もありましたが、デフォルトでFAT32だったのでそのままです。
73GBのデータをUSBにコピーするのも一苦労。寝てる間にコピーしてもらいました。USB3.0だったらもっと楽なんだろうなあ。

なお、クルマへの書き込みも中断可能でした。書き込み時間は1時間程度。エンジンかけて待っているのも面倒なので、ちょっとドライブ。大黒PAまで行って帰ってきました。日曜日の大黒PAは、フェラーリ、ポルシェ、GT-R、トヨタ2000GTなどがミーティング。いいですね。M135iなんてただの乗用車だなあと、改めて認識しました。でも速いし、ちゃんと4人乗れるところはホットハッチの良いところ。

2016年11月27日 (日)

オイル交換実施

道具と時間がそろったので、オイル交換をしました。

 走行距離はちょうど5000km。全然走っていませんが、前回オイル交換してから1年強経ったので、交換です。一年ぶりにピットを活用。
Oil_exchg1

 今回はフィルタ交換をしないので、前回より簡単。マグネット付きドレンボルトの先端は、こんな感じでした。
Oil_exchg2_3

エイプのマグネット
よりきれいです。具体的には磁性粉の粒子が細かく、量も少ない。逆にエイプは、濾紙タイプのフィルタが付いていないし、トランスミッションもオイルを共用しているから汚くなったのかな。

 このドレンボルトを清掃すると、こんな感じ。 金属光沢面が現れます。
Oil_exchg3_3

 ドレンボルト外して、改めて認識したのですが、BOSCHのBMW向けフィルタキット(OF-BMW-12)に付属するドレンワッシャは、銅製で径が小さいものでした。一方で今回取り付けたものは、アルミ製で径も大きい(ボルトのフランジ面よりやや径が大きい)です。材質の違いや径の違いにこだわるといろいろありそうですが、今回は成行に任せて、アルミ製です。

 ただ、ドレンボルトの締め付けトルクはまじめにトルクレンチで25Nmに管理しました。
なぜなら、私はアマチュアで経験が乏しいからです。緩むのも嫌だし、逆にオイルパンを割ってしまうのはもっと嫌だから。Oil_exchg5

Oil_exchg4
 トルクレンチはプロクソン製。東日製は高くて買えないけど、3,000円くらいの胡散臭いのは避けたいという思いの妥協点です(笑)。

2016年11月23日 (水)

オイル交換準備

去年の秋、オイル交換をしてから、1年が経ちました。

 インパネにワーニングも出ていることですし、オイル交換の準備を始めました。なお、ワーニング内容は、10月中にオイル交換しろというもので、もう1ヶ月超過です。
 前回のオイル交換からの走行距離は3,300km。短い感じもしますが、まあ許せる範囲かな。今回は、フィルタ交換をしないことしました。購入したのは、今回もMobil 1の0W-40。6.5Lって中途半端ですよね。4L缶を2缶購入。一年前の交換時のあまりが1.5Lあるから、今回買ったオイルは3L余る計算です。他に、オイル処理箱ふたつと、ドレンワッシャもネットで購入。ドレンワッシャは、エイプも同じサイズだからありがたい。費用は、ざっくりいうと、オイルは8Lで1万円。なので1,250円/L。小物は千円弱。工賃はプライスレス。

Mobil1
 なお、このオイルはきちんとBMW LONGLIFE-01対応です。NISSAN GT-Rというのもあるんですね。面白い。ただ、バイク用の規格であるJASO-MAは通ってないから、エイプには入れられません。なぜならクラッチが滑る可能性があるから。残念。
 エイプもオイル交換してから1年経っているので、そろそろ換えようと思っていますが、今度はホンダのG2を入れようかな。評判がいいようなので。
Mobil1_0w40
 

2016年7月16日 (土)

サイクルキャリア

 去年のクリスマスに、サンタさんが自転車を持ってきてから、近所のサイクリングによく出かけています。鎌倉、江ノ島や反対方向の戸塚など。基本的に楽なところにしか行かず、距離も限られるため行き先がマンネリ気味。そこでクルマで遠くに出かけてサイクリングをしようと考えています。

Cycle_career2

 クルマ購入時に値引き要素として、ベースサポートとバイシクル・ホルダーを付けてもらっていたので、1台はクルマに乗せられます。リアシートを倒せばもう一台載せられるのですが、ちょっと面倒。そこで、ThuleのOutRide 561を追加購入しました。こんな風になるんだったら、こちらも付けてもらえばよかった。

 さて、純正品にしなかったのは、Thuleのほうが数千円安くなることと、純正もThuleのOEMのため、簡単に付くだろうと思ったから。ThuleのWebsiteにもアタッチメント(Tトラックアダプター889-3)利用で対応と書いてありました(今日改めてThuleのサイトをみたら、OutRide 561のページが無くなっていた)。ただこのTトラックアダプターが入手困難で、自作する羽目になりました。といっても、既存のアダプターにワッシャをかませただけですが。気が向いたら、改造ページに書こうかと思います。Cycle_career2

 そんなこんなで、クルマにThule OutRide 561を取り付けることができました。運転席側が純正のバイシクルホルダー、助手席側がThule 561です。

Cycle_career_0

 それと、ルーフキャリアのたぐいは、片づけが面倒です。ガレージの中に置き場を作りました。壁面にきれいに収めることができました。いい感じ。もともと、我が家はガレージ内のPコン穴を埋めなかったので、そこに、5/16の長ねじと、型枠用のセパレータ棒を使ってベースサポート置き場としました。サイクルキャリア置き場は、コの字型のアルミ押し出し材などを使って自作です。あ、THule 561は自転車のフロントタイヤを外すので、外したタイヤ用のケースを買いました。Amazonで見つけた一番安いもの。800円くらい。
 なお、写真下のほうの白い部分は、ガレージの結露防止のため貼り付けた発泡樹脂シートです。地下車庫は、夏場の結露が大変です。これも結構なネタになりそう。ガレージのページも作ろうかな。。Cycle_career4

2016年5月30日 (月)

リアスピーカ取付完了

 この週末ですが、今まで、こつこつと作っていたリアスピーカが完成し、車に取り付けました。おさらいとして書くと、スピーカはアルパインのDLC-109Xで、エンクロージャを作りました。容量計算すると、物理的に収まらないことが分かったため、パッシブラジエータも取り付けました。これから、ウェブサイトのほうを更新していきます。

下の写真は、取付前。標準のStereoです。

Before

取付後(内張をつける前に写真をとってしまいました)。Harman/Kardon用の純正シェルフを取り寄せ、その中に仕込んでいます。

After

 新旧ユニットの比較。言うまでもないですが下が純正、上が交換したスピーカ(左用)。新ユニットでこっちを向いているのはパッシブラジエータでスピーカではありません。ウーファは純正と同じところに向こう向きに付いています。エンクロージャは、MDFとアルミ板製。アルミを使ったのは薄く仕上げるため。ただアルミが錆びる(粉を吹く)のがいやだったので塗装しました。折角なので、エストリルブルーを意識して、メタリックブルー(タミヤカラー)を塗りました。こんな見えないところに差し色をしてもしょうがないのですが、自己満足です。
Diff

とりあえず取り付けただけで何の調整もしていません。音が出ることまでは確認しました。続きは来週ということで。

2016年5月 8日 (日)

ナビマップ更新・未遂

 間違えてミュージックサーバに入れてしまった曲を消そうと、iDriveと悪戦苦闘しているうちに、ConnectedDriveのメニューで、USBによるナビマップの無料更新権が18年7月31日まで付与されていることを知りました。

 今の地図は2015年2月版ですが、微妙に古いと思っていました。例えば、さがみ縦貫道(圏央道)が藤沢から厚木までつながっていないとか、鎌倉から北に延びる海軍道路が途中で切れているとか。あと、新東名の豊田市までの部分もできれば欲しい。ともかく、渡りに船の情報なので、手続きをしました。やったことはインターネット上のMy ConnectedDriveにアカウントを作成すること。あと必要なのは、32GB以上のUSBメモリです。大容量だと思いましたが、今だと32GBのUSBメモリは2,000円前後なんですね。ただこれはまだ買っていません。

 でも、更新出来ませんでした。うちのクルマにも入っている2015年2月版が更新できる最新版とのこと。残念。調べたら、新車購入だと少なくとも2016年1月版があるようです。早く更新できるようにならないかな。

Bmw_cd_usbupdate

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

無料ブログはココログ