旅行

2018年5月13日 (日)

東名と新東名

今年のGWも帰省しました。

私の実家のある岐阜へ帰省しました。併せて、初日に滋賀に住む妻のお祖母ちゃんに会いに行きました。目的は、下の子(ひ孫)を会わせるため。お祖母ちゃんは96歳のため、会えるときに会っておかないと、一生会えないかもしれないので(笑)。

さて、日程は5/3の早朝に出かけ、5/6に帰ります。5/3は下り渋滞のピークの日。本来なら避けるべき日ですが、子どもが小学校へ行っているとどうしてもこの日になってしまう。何でこんな日に行くバカがいるんだろう?と思っていたのですが、そうせざるを得ない状況もあることがやっと分かりました。


とはいえ、工夫をしました。まずは情報収集。JARTICの渋滞予測を見て時間を設定。早朝の2時に出発です。この時間でも渋滞している東名の海老名近辺の渋滞を避けるため、海沿いのR134を走って秦野中井から東名に乗ります。この時間なら、観光道路のR134の渋滞もなくスムーズ。やれやれです。

渋滞予測もないので、何も考えず道がまっすぐだからと御殿場から新東名に乗りました。しかし、これが失敗でした。大型連休に新東名を走るべきではありません。

まっすぐで綺麗な道なのに、思いもしないところで加減速があり疲れます。走行車線も追い越し車線もなく、同じペースです。ACC付きの車で居眠り運転覚悟なら良いですが、深夜に走るには危険すぎる。3日の深夜は、静岡は大雨でした。トンネルに入ると加速,出口から減速です。クルマも多い。このまま前を走る車のブレーキランプを見て走るのかと思うとうんざり。まっすぐ故、先も見えません。緊張。疲れ。そしてSA/PAは満車で入れないという切迫感。

途中、焼津で連絡道を経由して東名に移りました。そしたらどうでしょう。クルマは全然いない。すいすい。楽々。アップダウンやカーブもちょうど良い刺激。休憩も余裕です。正直なところ、新東名をそのまま走っていたら、睡魔に襲われて事故をしていたのかもしれません。東名に移って良かった。

帰りは6日の朝です。渋滞予測によれば、今日は大丈夫のはず。今回はと思い豊田JCTから新東名に入りました。しかし、残念ながら行きと同じモードでした。渋滞はないけれど、速度は80km/h~100km/h超を行ったり来たりで安定しません。例のごとく走行車線も追い越し車線もない。こんな所を200km走るなんてありえない。

遠回りになりますが、浜松いなさから東名へ移りました。クルマの量は1/3程度。ペースも速いです。安定してずっと走ることができました。SA/PAも混むことはありません。

帰ってから、ちょっと調べたのですが、平日は東名、休日は新東名の交通量が多いようです。大型連休になると、それも増長されるでしょう。

結論。GWをはじめ,大型連休は新東名ではなく東名を走りましょう。


余談ですが、M135iに乗り換えてから、高速が楽になりました。東名牧ノ原付近や、静岡=愛知の県境付近、関ヶ原や滋賀の黒丸PA付近など、アップダウンが全然気にならないのです。登りだけでなく、下りも平気。カーブも怖くない。安定。こういうキャラクターはまさにGTなんだと思いました。なればこそ、混んだ道よりは空いたワインディングをずっと走りたいですね。

2018年3月14日 (水)

数字の遊び2

仕事で名古屋方面へ出張しました。

Shinkansen_135
会社支給のEXICカードで新幹線を予約。M135iにちなんで、往復とも13号車5番の席を予約しました(笑)。自己満足です。

118dにお乗りの方は、席の"d"も含めて、そろえられますね。逆にM140iや、120の方は残念、できません。だからどうってことは無いのですが。

そういえば昔Alfa 147に乗っていた頃、ドライブ旅行で国道147を走ったな。じゃあ、国道135号ってどこだろうと思って調べたら、小田原から下田まで、伊豆半島東岸を走る道でした。何度も通ったことあるけど、正直楽しい道じゃないです。伊豆半島を下るなら、有料でも伊豆スカを通りたい。

国道140号は… 熊谷から甲府までの道。関越を下りて、長瀞(ながとろ)までは走ったことがあります。地図を眺めてみると、雁坂トンネルを中心とした、埼玉県と山梨県の県境付近は、ドライブしたら楽しそうです。なかなかこちらの方へ行く用事はなさそうですが、走ってみたいなあ。暇があれば、温泉などと絡めて言ってみてもいいかも。M140iにお乗りの方は是非どうぞ。


2018年1月14日 (日)

切通し散歩

最近、切通しの散歩をよくしています。子どもと散歩するネタとしてちょうどいい。冬場は蒸し暑くなく蚊など不快な虫もいないのでおすすめです。

下の写真は、長窪の切通し

Nagakubo_2
住宅地の中に突如として現れる中世です。近くに、高野公園とか台亀井公園という子どもと遊ぶのにちょうどいい公園もあります。

こちらは、有名な朝夷名(あさいな)の切通し。朝比奈(あさひな)だと思っていたのですが、正確には朝夷名なのですね。
Asaina_2

それなりに険しく、鎌倉側は、道と小川が混在しているので、山歩きに適した靴が欲しいです。
横浜側は、神奈中バスの「朝比奈」、鎌倉側は、京急バスの「十二所」が最寄り。切通しを通った後、鎌倉でランチを取れば、幸せな週末かも。

2018年1月 6日 (土)

寒さに負けた

三浦半島一周ツーリングに出かけましたが、挫折しました。

1月5日は時間に余裕があり、ツーリングに出かけました。三浦半島一周。以前食べなかった、まるよし食堂の海かけ丼を食べてみようと思い立ち。

でも、寒さのため挫折しました。ダウンジャケットなど、体の防寒には気を遣ったのですが、指先がだめでした。バイク用の防寒手袋では無く、普通の合皮手袋。詰めが甘かった。
格好悪くても、ハンドルカバーが欲しい。

横須賀までは行ったのですが、そこから引き返しました。

2018年1月 2日 (火)

元日

明けましておめでとうございます。本年も、このHPをよろしくお願いします。

Fuji2018
元旦は快晴。富士山がきれいに見えました。今年も良い一年でありますように。

初詣にも行かず、横須賀まで映画を見に行きました。「スターウォーズ 最後のジェダイ」。わざわざ横須賀まで行ったのは、ちょうどいい午後の時間に、3D・吹き替えというマニアックな設定で上映しているのは、近くでは横須賀しかなかったから。子どもと行ったので吹き替えです。元日は、ファーストデイで安いのでおすすめです。

JRに乗り横須賀へ。

Izumo1
さすが横須賀。いきなり護衛艦「いずも」が目の前に。でかい。まるで空母。そしてもうすぐ空母になるかもとニュースになった話題の船。ちなみに、造船したのは、ジャパンマリンユナイテッドの横浜事業所

ネタバレはしません。映画は面白かったですよ。パラレルにストーリが進み飽きさせない。そして、次の作品も見たくなる(笑)。

映画を見終わり、すっかり暗くなった港を引き返すと、幻想的な雰囲気。

Izumo2
Yokosuka
スパイ映画に出てきそう。

2017年11月27日 (月)

時間帯

飛び石連休の25日と26日に同じコースをドライブしました。

Fuji
25日の土曜日、下の子のインフルエンザの予防接種を受けた後、時間に余裕があったので、プチドライブをしました。子供を乗せているのでクルマです。大船から湘南モノレール沿いに走り、江の島に入って終端のロータリーを回って、R134を海沿いに鎌倉方向へ走り、鶴岡八幡宮の前を通って帰るコース。20kmくらいの観光地コース。スタートしたのは10時頃でしょうか。鎌倉高校前だとか、八幡宮を抜けるところだとかで渋滞して、1時間強。快晴で気持ちいい日だったけど、あんまり気持ちのいいドライブではありませんでした。

次の日の日曜日、上の子が朝早く(といっても7:00だが)に少年野球の集合があるので、バイクで付き添いました。で、昨日のもやもやがあったので、同じコースを走りました。果たして、30分弱で一週できました。理解はしていたけど、時間帯によって全然違いますね。午後は恐ろしくて走る気にもならない。早起きは三文どころでは無く得ですね。なお上の写真は、江の島へ渡る橋から撮った富士山です。

2017年9月12日 (火)

牧場のアイスクリーム

エイプに乗ってプチツーリング。三浦半島を牧場へ。

Sekiguchi
 三浦半島を少し下り、よこすか関口牧場へ行きました。往復50kmくらいの道のり。牧場のアイスクリームと言うだけでおいしそう。ソフトクリーム(300円)を食べましたが、ほどよい甘さでおいしかった。量が多くて、最後は苦労しましたが。カップだけ50円で売っている意味が分かりました。カップルにお勧めですね。

 この時期は牛乳の乳脂肪分が少ないそうなので(牛乳パックの情報)、もう少し寒くなったらまた行こうと思います。

 ウチの近くには、飯田牧場という牧場が藤沢にあります。こちらでもアイスクリームを売っています。飯田牧場にも、この夏に行ったので、それぞれのインプレッションを書きます。

  • 種類は飯田牧場の方が多い。ソフトクリームに、アイスクリーム(各種味付けあり)と牛乳。関口牧場は、ソフトクリームと牛乳のみ。
  • クルマはどちらも止められるが、飯田牧場はガードマンが案内してくれる。関口牧場は狭くてテクニックが必要。ただし、関口牧場は、周辺の土地が開けているのでなんとかなりそう。
  • 飯田牧場は、品物が無くなったら閉店。小さな牧場だからか。実はそれで一度行ったけど食べられなかったことがあるのです。
  • 関口牧場は、ゴミ箱を見つけられませんでした。食べ終わりのゴミは持って帰る必要があるかも。
  • どちらがおいしいか。どちらへ行っても満足できると思います。

 

2017年8月 9日 (水)

北海道旅行

家族で、北海道旅行に出かけました。

 先に買ったリモワのバッグもこれのためです。7/31(月)~8/6(日)の6泊7日。子供が小さく、楽をしたかったので、滞在型リゾート利用です。星野リゾートトマムに3泊、札幌のシャトレーゼガトーキングダムに2泊、最終日は千歳のビジネスホテルに1泊です。ビジネスホテルが追加になったのは、土曜日に札幌ドームで野球を見て、翌日帰ることにしたから。

 移動には、レンタカーを利用しました。日産ノート。シリーズ・ハイブリッドでは無い普通のやつです。それでも、旅行期間中の燃費は、400km走って17km/Lとなかなか良かった。意外なことに、アイドリングストップは付いていませんでした。M135iより室内は広い。特に後席。ただし、めちゃくちゃ遅い。アクセルをべた踏みしてもノイジーなうなり声が大きくなるだけで、全然進みません。ちなみにCVTです。パドルが無いのは不便。エンブレを効かせたいときは、ATセレクター横のボタンを押してSportモードにするしかありません。特に違和感があったのはブレーキ。超カックンブレーキでした。M135iのつもりでブレーキを踏むと急停車。微妙なコントロールなんてあったものじゃない。最近のファミリーカーってみんなこんな感じなのか?交差点など、ブレーキを踏むのが苦痛でした。最後にはなんとか慣れましたが。

 これから泊まる人のために、簡単に宿の印象を。
 まず星野リゾートトマム。広い。各拠点間の移動はバスです。中国資本だけあって、働いている人も、宿泊者も中国人(アジア系の人)が多い。とはいえ、思ったほど騒がしくも、マナーが悪いこともありませんでした。予約が必要なアクティビティを選択すれば、ほぼほぼ日本人でした。川遊びとキャニオニングを楽しみました。ラフティングは、四国の大歩危・小歩危をはじめ、数回行っているのですが、キャニオニングは初めて。水が冷たい、流されるのは気持ちいい、ラフティングに比べると歩みは遅いという感じです。善し悪しありますが、進みの大きいラフティングの方が好みかも。
 トマムと言えば、雲海。一日だけ、見ることができました。3:30起きは辛いですが、その日一日有効に使えます。朝食ブッフェは、どこもだいたい同じようなものですが、ニニヌプリがおすすめです。ゆったりしているので。

Unkai
 シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロ。プール、温泉が併設されたホテルです。トマムほどの特別感はありませんが、プールにすぐ行けるのは便利。遊園地の無いナガシマスパーランドみたいな感じ。ブッフェのケーキはすごいのかなと期待しましたが、思ったほどではありませんでした。モエレ沼公園が近くなので、ここへ行くには便利です。

 食事は、トマムや、ガトーキングダムの中でだいたい済ませました。まあグルメ満喫という感じでは無いです。ただ、初日の昼に行った、恵庭市の釜めし・いちえは良かったです。サービス、味など総合的に。地元の人が多かったな。

 さて、8/5に札幌ドームでプロ野球を見ました。日ハム対オリックス。上の子供が少年野球を始めたこともありますが、札幌ドームと大谷翔平を見たかったから。

Sapporodome
 横浜スタジアムと比べると、きれいだし広いですね~。こんな大きな球場がサッカーモードに変化するなんてすごいです。それにキッズエリアがあるのも良かった。これがあるおかげで、家族で野球を見ることができます。DHだけですが、生大谷翔平を見られたのも良かった。試合は、4対6でオリックスに負けてしまいました。途中逆転したのに持ちこたえられなかった。翌日も負けてホーム2連敗。大丈夫かなあ、日本ハム。

 そんなこんなで帰り際、やってしまいました。サングラスを無くしてしまったのです。OZNISのFLAT01。TALEXの偏向プラスチックレンズを使った、超軽量サングラス。2万5千円の高級品が~。M135iに合わせて購入したドライビング・サングラス。千歳に向かうクルマの中で気づき、途方に暮れました。ダメ元で札幌ドームの代表電話に問い合わせました。
 その番号が、落とし物担当窓口でもありました。拾得物の集計がまとまるのは翌日午後で、それまでは分からないとのこと。その時間はもう羽田に着いているよ。。。もう少し話を聞くと、特徴が合致するものであれば、着払いで送ってくれるとのこと。ただし違っていれば、送料負担で返送する必要があります。ともかく、サングラスの特徴や落とした可能性のある場所を伝えました。

 翌日、羽田に着いたと同時に、電話がありました!札幌ドームから。それらしいサングラスの拾得物があるので送るとのこと!で、帰ってきました。私のFLAT01。
Sunglass
 きれいな状態で、傷などありませんでした。ありがとうございます。拾ってくださった北海道の方。ありがとうございます。(株)札幌ドームさん。

2017年7月29日 (土)

豊島園

7/25(火)に、子供と豊島園に出かけました。

Auto_skooter1
 共働きの我が家では、夏休みと言っても、子供は学童保育に行くことになり、夏休みっぽくありません。何かイベントを用意したいと思い、今週火曜日に休みをとって、豊島園に出かけました。豊島園を選んだ積極的な理由はあまりありません。ディズニーランドは混んでるし気合いがいる。富士急はちょっと遠い。八景島シーパラダイスはピンとこない。花屋敷は大人でないと面白くなさそう。というわけで豊島園です。

 良かったです。夏休みとはいえ平日。どのアトラクションも並ばず乗れました。とくにオートスクーターは最高に面白かった。トロリー式のゴーカートで、複数人で混走します。コースの中をどこでも走れます。身長130cmあれば子供でも自由に運転できます。
Auto_skooter2
 本当は、ドリフトを楽しむアトラクションかとは思いましたが、完全なグリップ走行でした。しかし自由に走れる気楽さは、すばらしい。昭和な雰囲気もグッド。子供も気に入り、それこそ、10回以上乗ったように思います。
 飽きたら、プールでウォータースライダー。古い遊園地ですが、ここはいいです。ただ、食事はおいしくなかったな。。。

2017年5月13日 (土)

GWの帰省

GWに、私の実家がある岐阜に帰省しました。

Yoro1
 片道約350kmのドライブ。でも新東名のおかげでスイスイ。いなさから豊田市までつながった効果は絶大です。今回は今までで一番楽だったかも。

 実家には3泊しましたが、4泊目は近所にある養老の滝へ行き、料理旅館に宿泊。上げ膳据え膳でのびのびしました。

Yoro2_2
 自転車は、持って行って正解でした。サイクリングとは呼べない程度のチョイノリでしたが行動範囲が広がり重宝しました。

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ