自転車

2018年12月 9日 (日)

シフター修理

こないだ直した自転車のシフトレバーが、また壊れたので、直しました。

Broken_shifter

去る、11月22日。三連休を利用して、家族で西丹沢へ出かけました。サイクリングして、昼BBQ、夜は温泉に泊まるという魅力的なプラン。楽しい週末です。

河原で遊んでMTBに戻ってくると何かおかしい。見ると、シフトレバー(シフター)がぶら下がっているではないですか!!

ガーン! 根元のねじ部分の部品が破断している。こないだ直したとき、ねじを締め付けすぎたようです。2,3週間経ったので、少しずつヒビが進展していったのかな。
六角レンチでの手締めだし、大して軸力はかかっていないと思っていたのですが、油まみれで想定以上に軸力が発生したのでしょう。通常、ねじ締めトルクの9割方は摩擦で食われているから、摩擦が半分くらいになると、軸力は一気に数倍に跳ね上がっちゃう。

そんなことを思いつつ、とにかく壊したのは自分の失敗。悔しい。そして深刻な状態であることが頭をよぎります。前にも書きましたが、こんな30年近く前のメカなんて入手困難。もし手に入らなかったらどうしよう???

ともかく、なんとかしなければならない。フロントを2速に入れようと、おそるおそるレバーを動かすと、あさっての方向にレバーが動いて、ボディもバネがはじけたように膨らみました。もうダメ。アウト。

持ってきていたコンパクト工具を使って、シフターやディレイラーそのものを外すことにしました。お守りのつもりの工具が役立ちました。で、チェーンを2速にかけて、修理完了。ギアのカバレッジは減りますが、湖を回るだけの起伏の少ないコースのため、なんとかなりました。



そんなこんなで、旅が終わり、修理の検討です。
どうしようか。Deore DXはあきらめて、今のコンポーネントにするか。でも今のは、チェーン幅が違う、リア7速は10速とか11速になって、ブレーキもVブレーキやディスクになっている。すると、シフターだけでなく、ディレイラー、チェーン、ハブ、スプロケット、ブレーキなど全取っ替え。ハブだけ換えるのは大変だからホイールも交換か。本当に全然変わってしまう。だったら、新しいバイクを買った方がいい。でも、今のタンゲ・クロモリフレームのMTBはお気に入り。却下です。

中古部品を探したところ、ヤフオクには無かったのですが、メルカリにありました!
Deore XT(ST-M091)の中古。3000円。おあつらえ向きなことに、左シフター(フロント用)はあるが、右シフター(リア用)はないというもの。早速注文。メルカリデビューです。


Xt_shifter

届いた品物の程度は、それなりですが、ウチのものよりはよい。上が届いたもの。下がウチのブレーキレバー。アルマイトがはげて、シルバーになっています。DXからXTになるので、小物も若干グレードアップ。

Comp_shifter2_2
今度の写真は、上がウチの壊れたシフター(DX)、下が届いたもの(XT)です。壊れたシフターは見るも無惨。

Comp_shifter

Assy交換なので、楽ちんと思っていたら、新しいシフター、シフトチェンジできないのです!! 正確には、1速からシフトアップしても、2, 3速でロックされない。

再びのショック。メルカリダメかあ、と思いつつも、以前DXの修理したときのことを思い出し、XTのシフターをばらすことにしました。DXのシフターが部品取りに使えるかもしれないし。

Repair_xt_shifter
結論から言うと、たいしたことありませんでした。囲った部分、ラチェットのツメの動きが悪く、シフトドラムをロックできなかっただけでした。油を差して、ツメを動かして修理完了。

Repaired_shifter

今回のシフター騒動。発生から2ヶ月近くかかってようやく収束。というか、収束して欲しい。古いものを使い続けるというのも、大変ですね。

2018年11月11日 (日)

シフトワイヤー切れ

自転車のフロント・ディレイラーのシフトワイヤーが切れました。

Mtb1
びろ~んとワイヤーが垂れ下がっています。リアのシフトワイヤーが切れたのが、今年の3月だから、そろそろだったのかも。シマノのQuality Controlはすばらしい。

バラしてみると、タイコ下でワイヤーが切れてました。

Mtb2
用意したワイヤーは、シマノ Y60198090 MTBオプティスリックシフトケーブルセット ブラック 。安心の純正品。しかもケーブルに樹脂がコートしてあって、滑りが良いというもの。

Mtb3

10分で作業終了♪と思っていたら、はまりました。
時間が前後しますが、上の写真で示した切れたケーブルを取り出すために、シフトレバーのメカを全バラする羽目になったのです。

Mtb4
じっさいには、ワイヤーを取り出すためには、蓋を開けなければならないということが分かりました。それで意を決してねじを緩めると、ばねがびよ~んと飛び出すという最悪な状態に。しかも、一部部品は割れてるし。

もう触らない方がよいというオーラがプンプン出ていましたが、ここまで来てしまうと、バラして組立て直すしかない。

シフトレバーはDeore DX (ST-M071)という商品名で、機構にはラピッドファイヤーという名前が付いています。これは、ラピッドファイヤーの中でも初代のタイプで、全て親指でシフトするものです。

ラチェットが入っていて正確にシフトを位置決めできるのがメリットですが、ワイヤーが巻かれるドラム、二つのレバーなど、5つのバネが入っています。よく見ておきたかったのですが、分解の前に、大事な機構部分のねじが緩んでおり、いくつかバネが飛び出してしまい、よく分からない状態。

土日で計4時間くらいかけて直すことができました。ですが、組立性が最悪でした。正しい方向に取り付けないといけない部品が、違う勝手でも取り付けられてしまう。ねじ締めの時に部品を押さえたり、ねじを引っ張ったりと、手が3~4本無いと組み立てられない。こんなので、よく量産したなあ。


組立て終わって、ネットで調べてみたら、ある自転車屋さんのブログで、おなじDeore DXを修理した記事を見つけました。でも、部品形状が全然違う。組み立てやすそう。

たぶん、あれですね。早くインデックスタイプ(位置決めが正確な)のシフトを出したくて、機構だけを考えて、初代ラピッドファイヤーを出したけど、組み立てるのが大変だったのでメカだけは、早々にフルモデルチェンジしたということでしょう。その辺のこと聞いてみたい気はしますが、もう30年近く前のメカです。開発したエンジニアの人たちは、とうにリタイアしてますね。まあ、レアな初期型だし、大事に使います。

2018年8月25日 (土)

チェーンルブ購入

自転車のチェーン用油を買いました。

Chainlube
今まで、FINISH LINEのDRYリューブを使っていましたが、無くなったので、クレのCHAIN LUBE Dryへ。

クレは、FINISH LINEを大分意識した(まねした?)っぽい感じはしますが、それ故、試しに換えてみます。

2018年8月19日 (日)

自転車を積むと

お盆休みに私の実家へ帰省しました。

Bicycles
行ったのは、私と上の子だけ。最近はやりの言葉で言うと、父子旅ですね。それで、遊び道具として自転車を積んで帰りました。(上の写真はイメージ。16年に長瀞へ行ったときのもの)

旅の中身は割愛しますが、移動時の燃費が結構悪いのです。ずっと高速で平均速度91 km/hと順調だったのですが、10.8 km/L。過去のデータをみると13 km/Lを越えても良さそうなのに。

それで、理系の私としては、自転車を積むことによる負荷が知りたいわけです。計算しました。

Calc_drag_2
空気抵抗のみに着目した計算です。肝心要の自転車のCd値や断面積がテキトーなので概算ですが、時速91 km/hの時は、92.7N、つまり9kg位の空気抵抗がかかっていることが分かりました。それで370km走ると、7.2 L余分に燃料を消費します。燃料の消費量が自転車を積まなかったら、28Lのところ、35Lになるので結構大きい。

自転車を積んでなかったと仮定すると、燃費は10.8 km/L → 13.6km/Lへ 2.8 km/L向上するということになります。ざっくり計算の割に結構いい感じかもしれません。ともかく、思ったよりインパクト大きいですね。

クルマ本体の Cd x A (空気抵抗係数 x 断面積)が0.3 x 2.0で0.6くらい。自転車を積むとそれに0.22が加算されます。つまり空気抵抗が4割近く増加します。これは大きいですね。
転がりや摺動抵抗は速度に対してリニアですが、空気抵抗は速度の二乗で効いてくるため、高速走行の時の大半は空気抵抗です。クルマに余計な出っ張りを付けないよう気を付けよう。

2018年8月 6日 (月)

Schlein (シュライン)

気になる自転車を見つけました。

Img_schlein_2018_mg_zoom2x
ブリヂストンサイクルHPより

町中を歩いていて気づいた、何の変哲もない子ども向け自転車です。小学生の女の子が乗っていました。「SCHLEIN」と書いてあります。「自転車メーカーの SCHWINNKLEIN (なくなってしまった(涙))を足して2で割って、色はBianchiのチェレステ(緑色)をまねしてる。これなら単純なコピーじゃない。中国ってあざといなあ」と思ったのです。

で、どんな怪しいところが作っているんだろう、と野次馬根性で「SCHLEIN」をぐぐってみたら、なんと!ブリヂストンサイクル製ではないですか。え~今の日本メーカーって、こんなことをしているの?

ブリヂストンサイクルは、「anchor」ブランドで、高性能なロードバイクやMTBを作っています。上記コンペティタを知らないはずはないわけで、そうしたら、このネーミングに対して、社内で反対があったと思うのですが。。。大丈夫かなあ。電動アシストには力が入っていますが、普通の自転車はつらいのかな。

そういえば、ミヤタとか、ツノダ、マルイシ、ニシキなども買収されたり、無くなったりして昔の面影はほとんどありません。自転車もすっかりコモディティとなり安い外国製に押されてしまい、儲からないんでしょうね。頑張るだけではなく、新しいビジネスモデルを構築するなど、変わっていくことに知恵を絞らなくては生きてはいけないんだということを、改めて思い知らされました。

2018年5月31日 (木)

スポーク修理

保育園送迎用のママチャリ、PAS Babbyのスポークを交換しました。

Babby6
リアタイヤのスポークは、重たい自転車と子どもの重量を背負い、さらにはリング型のカギのギロチン攻撃にさらされてボロボロ。数年前にも自転車屋さんに直してもらいました。2本のスポーク折れを直してもらい、5千円くらいだったか。納期は4日くらいかかったような。今回もそうしようと思いましたが、自転車を預けている間乗れなくなるのが苦痛で、自分で直すことにしました。

スポークって、長さだとか太さだとかいろいろあって面倒くさそうですが、PASの場合ヤマハの純正部品検索で探すことができ、部品の確認は簡単でした。このページは在庫確認までできて、すごく親切ですね。スポークと、念のためニップルも交換します。

XA1-25195-01 ヤマハ純正ニップルスポーク20本入り 422円
X30-25397-02 ヤマハ純正スポ-ク アウタ 2 20本入り 927円

部品発注は、純正部品の通販をしている(株)ヒロチー商事。送料含めて、2,000円弱。注文して、4日程度で届きました。自転車の部品ですが、商流はまんまバイクです。ブリヂストンやパナソニックだとどうなるのかな。
Babby1
折れたスポークは他の所ですが、見ての通りゆがんだスポークが沢山あります。なぜこうなるか。後ろに子どもを乗せスタンドを下ろしたとき、リングキーを外し忘れていると、ガツンとキーのリングでスポークを強打してしまうのです。これらもひどい物はついでに交換することにします。

Babby2
交換するスポークにテープで印を付けましたが、こんな感じ。まあひどい物です。1本ずつ気長に交換します。

Babby4
これだけ交換すると、振れも取りも必要。でも振れ取り台なんて持ってない(たまにしか使わないのに1万円は高い)ので、チャリの立派なスタンドを用いて、簡易調整。まあ、振れ幅が1 mm以下になったので、良しとします。写真は、半径方向の振れ取り中のもの。スタンドの上にシャフトをのっけて調整しましたが、きちんとスタンドにねじ止めした方が調整しやすかっただろうと、直し終わってから思いました。

Tools180602
写真は、修理に使ったちょっと特殊な工具。16mmのスパナとニップル回しです。スポーツバイクと異なり、こういう自転車はタイヤの取り外しが面倒ですが、PAS Babbyの場合、チェーンがクリップで外れるようになっているので楽です。また、シャフトに多くの部品が共締めされているので、その順番を間違えないよう、写真を撮りながらの作業が必要かと思います。それとスポークに取り付けられている反射鏡は、クリップ部分にマイナスドライバを突っ込むと、ツメを押さえることができ取り外せました。


以下蛇足。

Babby_paint
うちのPAS Babby Specialは限定色のマットオリーブです。初期型Babbyの最終処分品ですが、ねじを外すとペンキがはげて、下地の赤色がこんな感じで出てきます。余ったフレームにテキトーにオールペンしたんだなという感じがよく分かります。お買い得仕様だからいいんだけど。。。

Babby5
ついでに、チェーンを掃除しました。きれいになって気持ちがいい。もとはシルバーだったことが分かりました。

2018年4月 7日 (土)

6段ギヤから7段ギヤへ

子どもの自転車のギヤを7段変速へ換えました。

7s_gear3
最近は、自転車ばかりです(笑)。子どもの自転車 GIOS GENOVA (22インチ)のギヤを6段変速から、7段変速へ換えました。サイクリングに出たとき、もう少し速いギヤが欲しいと言っていたので。

手配したのは、

  • DNP 11T-28T ボスフリー 7段ギア LY-1107KFN (7速 11-28T)
  • シマノ SL-RS35-7R レボシフター 右7S ASLRS35R7AP
  • ボスフリー抜き
の三つ。約5,000円。
7s_gear1
DNPのスプロケットは4,000円しました。正直、高い。でもトップギヤが11Tのものはこれしか無く、仕方がありません。13T-28Tだと1,500円くらいのものも見つかったんですが、上を伸ばしたいのでこれしかありません。なお、標準は14T-28Tの6段です。クランク一回転で進む距離(デベロップメント)は、5.8 mから7.4 mへ大幅増加。これは大分違うでしょうね。
お手軽改造と思っていたら、いろいろ面倒でした。まず、スプロケットが厚くなりハブより出っ張ってしまったため、タイヤを取り付けられなくなりました。次に純正のリア・ディレイラー(Tourney)には、7段変速分のストロークが無く、6段変速分しか動いてくれませんでした。

7s_gear2
上の写真は修正後の物ですが、軸間座(ワッシャ)を2種類購入して、ハブの位置を3.5mmずらすことで解決しました。軸間座はAmazonで1コ95円。ただ合わせ買い対象の
ため、Wako'sのラスペネを買って2,000円超としました。まあCRCが切れかけていたのでついでです。土曜日に注文して、日曜日の昼に届きました。便利です。ハブの位置をずらすと、タイヤのセンターもずれてしまいますが、ニップルを回して、気持ちオチョコ量を変えました。適当ですが。

6段変速分しかディレイラーのストロークが無い問題は、あっさりTourneyをあきらめて違うディレイラーへ換えました。昔ミニベロ(Bianchi  Pisa Sports)用に買ってあった7/8速ディレイラーALIVIO (RD-M410-NS)があったので、これに交換です。

ミニベロは、電動アシスト自転車を買う前、キャリアを付けて保育園送迎に使っていたのですが、坂道対策として、カセットスプロケットをワイドレンジに換えました。このときディレイラーのキャパシティが足りなくなるかもしれないから、と買った物でした。結局使わなかったんだけど。

あ、このディレイラーが無かったら、7段変速にできなかったから、7段変速化への改造費用は7,000円くらいですね。

7s_gear4
取り外した部品群。リア・ディレイラーのTourneyは、写真ではそこそこ良さそうに見えますが、主要部品はプレスで作ってあり、かなりちゃちいです。イメージ的には、昔のスターレットとか、アルト47万円という感じ。ALIVIOになってAquaクラスかな。

でも、そんなことは関係なく、自転車のトップスピードが伸び、子どもは大喜びであちこち走り回っています。近いうちにまたサイクリングへ行こう。

2018年3月25日 (日)

やっぱりパンク

サイズ違いのチューブを入れていたPAS Babby。やっぱりパンクしました。

Punc7
3月4日に、径が4割小さいチューブを入れたPAS Babby。大丈夫か心配していましたが、パンクしました。前回と同じく、ガレージに置いてある間にタイヤがぺっちゃんこになっていました。外でなくてよかった。ばらしてみたら、ニップルの付け根のゴム補強部分が裂けてエア漏れ。まさにチューブが伸びたとき、一番ストレスのかかるところが破れましたね。持ったのは3週間でした。

買っておいた正規サイズのチューブに交換して、修理完了です。前回から時間が立っていないので、手際よく半分くらいの時間で終了です。ちゃんと、正しい規格のものを入れないとダメですね。

別件ですが、ついでに。

バイクショップへ行き、CB125Rを試乗しました。なかなか格好いいです。エイプに比べるとかなり今のバイクです。ただ、シートが高かった。ネットで情報収集して覚悟はしていましたが、私の場合は両足がつま先立ちとなりました。自分の短足を呪います。なお、足つき性はヤマハのMT07の方が良いです。

2018年3月 4日 (日)

自転車の修理

一週間前、奥さんからMTBのシフトチェンジができなくなったと言われました。

Deore_dx
もう27歳になるビンテージMTB。見るとリアディレイラーがトップ側に張り付いていました。原因は、シフトワイヤー切れでした。ワイヤーが切れたのは、シフトレバーのワイヤー巻き取り部分で、タイコの少し下でした。確か、このワイヤーは12年位前に交換した物。当時はあったシマノXTRの黒いワイヤーでした。グレードアップした気分になりうれしかったけど、寿命はあるのですね。実は切れる予兆はありました。数週間位前から、リアのチェーンラインの位置決めが狂っていたのです。下手に調整する前に切れてくれて良かったのかも。500円で新しいシマノのMTBシフトインナーワイヤーを購入し、交換しました。

そうこうしているうちに今度は、ママチャリ(電動アシスト自転車)のパンク。うちは保育園の送迎用にヤマハのPas Babbyを使用しています。正確に言うと2013年に出た、Pas Babby Specialです。Pas Babbyは何回かマイナーチェンジをしているのですが、ホイルベースの短い初期型の最終お買い得バージョンです。色はオリーブグリーン(つや消し)ですが、下地に真っ赤なペイントが隠れていました。ロングホイルベースに変わる前に、古いフレームの在庫処分のため、Pas 20周年記念と銘打って特別バージョンを仕立てたのではないかと勝手に想像しています。まあじっさいお得仕様だし、ロングホイルベース版が発表になり型落ちになったタイミングで買うことができ、安かったので文句はありません。

Pumc1
で、なんで下地に赤が塗られているのに気づいたかと言えば、購入直後にタイヤを交換したからです。リアタイヤを外すとき、スタンドやブレーキなどを外すと、ペンキが剥がれて真っ赤な下地の色が見えました。さて、標準のブロックタイヤは、「BRIDGESTONE」とホワイトペイントのある(ここにずるさを感じる)、CHENG SHIN(チェンシン・中国)製タイヤ。
Punc5
ブロックパターン故、仕方ないかもしれませんが、ふにゃふにゃする、コーナリングの時踏ん張りがきかない、剛性アップのため空気圧を上げようとしても上限は280kPaで上げられない、とダメダメタイヤです。乗ってて楽しくありません。デザインのために走りづらくなるなんて、本末転倒。なので、換えました。SCHWALBE (シュワルベ)のBIG APPLE 20HE x 2.0へ。

Punc6
前置きが長くなりましたが、これが4年前の話です。

で、このタイヤがパンク、というか実情はバーストしたのです。乗っているときでは無く、ガレージに止めているときになったようで、前日は問題なかったのが、朝見たらぺっちゃんこになっていました。乗車中で無かったのはラッキーでした。

Punc3

タイヤを見ると、サイドウォールのリムとの接するところが裂けています(そのせいで反射テープも切れている)。触ってみるとバイアス状に編まれている繊維の片方もぱっくり切れていました。5.0 bar (500kPa)まで持つタイヤで4.0 bar位で使っていたので大丈夫なはずですが、寿命は4年でしたね。裂けた所にストレスを与えたのは、高い空気圧ではなく、空気圧の規定値以下への低下だったのかもしれませんが。で、チューブを見るとこんな感じ。

Punc2
局所的に強く伸ばされたようで、大きな穴が開いていました。パッチを当てるのは無理です。タイヤもダメ、チューブもダメ、でも月曜日からまた乗れるようにしなければならない、ということで、CHENG SHINタイヤに再度頑張ってもらうことにしました。チューブは、昔使っていたミニベロ用のチューブを死蔵していたのでそれを利用。ただし、サイズが違います。

Punc4
20x1.50 (ETRTO 40-406)まで用のチューブです。一方タイヤサイズは20x2.125 (同57-406)。規格より約40%伸ばされています。すぐパンクしそうだなあ。とりあえず、太いチューブを手配しておきます。

月曜日から、つまらない自転車になりそうです。まあ、おっかなびっくり乗るから、問題ないかも。もしかしてつまらない自転車に慣れたとしたら、このCHENG SHINタイヤを履き潰すのもいいかなと思っています。SCHWALBEと同様4年位持ってくれれば、保育園送迎も不要となります。そしたら、いらない物を取っ払って軽量化して、良いタイヤに換えよう。

2017年9月24日 (日)

タイヤ

何気なく、エイプのタイヤを見たら、9年前のタイヤでした。

Tire_of_ape
 08年の24週に製造。9年以上経っています。やばい。でも、タイヤをよく見てみると、結構きれい。ヒビは見えないし、カチカチでもないし、側面にはヒゲがまだ残っている。ま、2000kmも走ってないですからね。
 一般的には3年とか、5年でタイヤは寿命というのをよく見受けますが、実際どうなんだろう。タイヤの保管という観点で調べたら、トーヨータイヤグッドイヤーに分かりやすい記述がありました。ともかく、避けるべきは、紫外線、水、油、高温とのこと。それから、あまり高圧にしない。そういう意味では、ウチのエイプは優良です。ずっと真っ暗で、温度変化の少ない地下車庫に保管しっぱなし。雨にも降られない。アスファルトじゃ無いから油にも接しない。というわけで、一般的な保管環境よりタイヤが長持ちする環境なのだろうと考え、直ちにはタイヤを交換しないことにします。

Punc

 そう思っていた矢先、MTBがパンクしてしまいました。チューブにパッチを当てて修理しましたが、場所的にどうやらスネークバイト(リム打ち)っぽい。1カ所だけでしたが。自転車のタイヤは、ちゃんと空気圧を高くしておかないとだめですね。



より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ